読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

懐かしの『ボクサーズロード』だマン。

最近はあんまりCSゲームで遊ばなくなっちゃってゲオタですら無くなり、一般人とゲオタの中間のカバネリのような存在に成り果ててしまいましたが皆様は元気にゲオタしてますでしょうか? 某はカバネリとして皆様のゲオ タライフの充実を草葉の陰からひっそりと応援させて頂く所存であります。はい。
てなワケでたまーにCSゲームについて何か書こうとすると畢竟、昔にハマったゲームの話になるワケですが今日はその中から『ボクサーズロード』についてダラダラと駄文を書こうと思います。

この『ボクサーズロード』は1995年にPSで出て結構ヒットした名作ゲームなので遊んだことのあるヒトも割と多いんじゃないですかねー。まぁ内容はその名の通り「ボクサー育成ゲーム」なんですけど、その育成の細かさ、ストイックさは今までに発売されたボクシングゲーの中でもピカイチで、ボクサー育成ゲーの原点にして頂点に達してしまった感があるんじゃないですかねぇ。まぁそんなジャンルがあるのかどうかは知りませんけど… とにかく、あまりにも細かすぎてゲームの大半はこの育成モードで四苦八苦してた気がしますわ。

その育成をもうちょい詳しく説明しますと大きく分けて「食事」と「トレーニング」の2種類の選択項目があり、それによってボクサーのパラメータが変わっていくって寸法なんですが…いきなり食事で「タンパク質」「糖質」「脂質」パラメータが変わるという意味不明なコダワリぶり。「筋力を上げるためにタンパク質多めのメニューにするか…でもウェイトも気になるしなぁ…」などとトレーニング以前のトコロからガチで考えさせられます。そしてトレーニングも「ロードワーク」や「パンチングボール」等9種類もあり、当然どのトレーニングを選ぶかで上昇下降するパラが変わってきます。要は「知力を上げると体力が下がる」的な「ときメモ」方式ってヤツなんですね。だからなーんも考えずに食事やトレーニングのメニューを組んでも結局思ったようにパラが上がらず、びっくりするくらい雑魚いボクサーを量産する羽目になってしまいます。で、何人ものそうした雑魚ボクサーを量産するウチにわかってくるのですが、このゲーム…序盤からのこの食事とトレーニングをどう組んでいくかですでに勝負は決まっているんですよ…マジヤバい。
「スピードで翻弄しかわしまくって判定勝ちを狙うのか」「シャープパンチを鍛えて3ダウンを狙うのか」「ヘビーパンチを鍛えて1発KOを狙うのか」等々…自分の目指すべきボクサー像をきっちりとイメージして、最初の入門時からそれに合った食事とトレーニングをしていかなければ世界チャンピオンなんぞ夢のまた夢。このゲームのボクサーは現実同様、歳をとっていき最終的には引退しなければなりません。つまりは決められた期間内に最適な食事とトレーニングを設定し、いかに効率よく育成するかが最大のキモになってくるワケなんですね。

でもって、こうして育成したボクサーを試合モードでは一転、格ゲーのように自分で操作して戦うワケですが、この試合モードがまた超アッツいんですわ。最初の頃こそパラの低さからくる超もっさり動作で「テメェら水中でボクシングやってんのかよ!!」的にコントローラを投げつけたくなりますが、パラの成長と同時にどんどんキビキビと動くようになり、最終的には「スウェー」「ダッキング」「ブロック」といったディフェンステクと「ジャブ」「ストレート」「フック」「アッパー」といった攻撃手段を組み合わせ、色んなコンビネーションを駆使して戦うガチボクシングゲーに豹変しちゃいます。おまけに育成の仕方次第でジムのおやっさんから「必殺パンチ」を教えて貰えることもあり、左右の連打からガゼルパンチへのコンビネーションみたいな脳汁出るようなイカすプレイも出来ちゃうワケなんですよ。自分の思い通りのコンビネーションが決まってダウンを奪った時の気持ち良さたるや…相当のモンですよ。思わずガッツポーズでますから。ホントに。

そして、そんなこのゲームで一番アツかったのが友達との対戦プレイ。お互いに心血注いで育成した自慢のボクサーのデータが入ったメモリーカードを持ち寄ってのガチの対戦。コレがホントにアツかったワケなんですよ。もう当時のバイト仲間一同、みんな本気で育成してましたもん。
それぞれが考えた食事とトレーニングプランは秘中の秘。「どうやったらそうなるんだよ!?」とかギャーギャー言いながら、毎週のようにバイト先のカラオケボックスのモニタに繋いだPSで対戦したのはイイ思い出です。

カクカクでローポリのグラフィックだけ見ると時代遅れのショボいレゲーに見えるかもしれませんが、育成モードのシミュ要素と試合モードのアクション要素の完成度の高さは今遊んでも絶対オモロイと断言できる名作ゲーです。今だとPSアーカイブスで600円で遊べるみたいなのですが、人と対戦してこそナンボ!!なトコがあるゲームなの、対戦モードが無ければちょっとビミョーな感じかもしれませんねぇ。でもボクシングゲーや格闘ゲーが好きなヒトなら絶対気に入ると思いますので興味があるヒトは遊んでみてはいかがでしょうか? ウチも気が向いたらアーカイブで落としてVitaでまた遊んでみよっかな?と思っています。でもやっぱ誰かと対戦したいなぁ…出来たらいいのになぁ…ホント。