3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない1000文字系短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

【フィギャー日記】シタデルフィギュアのトカゲ始めましたマン。

久しぶりの更新です。前回同様フィギャーです。フィギャー楽しいっすね。

前回はみんな大好き正義の味方「金ピカおじさん」ことストームキャストさんを塗り塗りしましたが、その後、金ピカおじさん3体とトカゲ族を追加ロールアウト。f:id:Wacky244:20180515163914j:image

金ピカおじさんは1体目と同じようにベース→シェード→レイヤー(ハイライト)の順番でちゃちゃっと塗装。1体目の反省点を特に活かすコトもなく、1号と同じような微妙クオリティの金ピカが2号、3号と量産されていきましたが、f:id:Wacky244:20180515164655j:imageさすがに4体目で「ちょっとは何か変えてみよう」と思い立ちカラーリングを変更。通常は「金×青」のトコロを「銀×赤」に変えてみました。f:id:Wacky244:20180515163949j:imagef:id:Wacky244:20180515164009j:image脳内イメージはハイ・シャルタット専用ウィンガル・ジー的な感じだったのですが、いざ塗ってみると脳内イメージと全然違う使い古したヤカンみたいな色になっちゃいました…でもまぁちょっとは違う感じになったので良しとしまっす。こんな風に好きなようにカラーリングを変更して楽しめるのもシタデルフィギュアの良いトコロだと思いますしね。

そんな感じで金ピカ4号まで完成させた後はいよいよトカゲ軍団の制作開始です。f:id:Wacky244:20180515164038j:imageこちらのトカゲ族は全身フルアーマーの金ピカマンとは違い、全身ウロコウロコのまさに「ザ・トカゲ」って感じの造形が超カッチョイイ一品。ウチが買ったトカゲスタコレ(スターティングコレクション)はそんなトカゲ族が「デカい奴に乗ったトカゲ」と「ショボい奴に乗ったトカゲ」と「雑兵トカゲ」合わせて21体も入ったお得セットですが、f:id:Wacky244:20180515164732j:imagef:id:Wacky244:20180515164749j:imageまずは練習がてら雑兵トカゲから作ってみるコトにしました。

各パーツをランナーから切り離し、胴体に手足、頭部等を接着していくのですが…久しぶりの接着剤使用キットに悪戦苦闘。なんせモノが小さいので接着面も小さくて接着するのも一苦労。日本のスナップフィットキットのようにピン穴があれば楽なんですが、そんな便利なモノはないので勘と気合で無理やり接着…持ってて良かった流し込み速乾タイプ。いざ接着してみると無理やりすぎて接合部がビミョーにズレてる気もしましたが…まぁ気にせず塗装にゴー。こういうトコで完成度に差が出るんですけどねぇ…

てなワケで、いよいよ楽しい楽しい塗装タイムなのですが、前回の金ピカ軍団の塗装時の反省を活かし新兵器「ハネアゲルーペ」を導入。金ピカ塗装時に痛感したのですが老眼ジジイにはホントにキツいんですよね…細かい塗りって。でもこのハネアゲルーペのお陰でめちゃんこ楽になりました。特にエッジのハイライト乗せなんかはこのルーペの有る無しで全然違いますね。もうコレ無しでは塗れない体になってしまった次第。かなりおススメのアイテムですね。

そんなハネアゲルーペを装備しながら、まずは基本のベース塗りからスタート。f:id:Wacky244:20180515164126j:image金ピカマンの時はシタデルスプレーの黒サフで下地塗りしたのですが、今回はサフ無しでいきなりベース塗り…でも結論から言うとベース色が剥げちゃった箇所が結構あったので、やはりサフスプレーかプライマーで下地作った方が良さそうな感じでしたね。

トカゲ族の配色はアプリのザウルスウォリアーで調べたものをそのまま使用。ベース、シェイド、レイヤー2色をシタデルペインティングシステムで順番に塗っていきます。f:id:Wacky244:20180515164211j:imagef:id:Wacky244:20180515164231j:imageボックス写真やSNSで見つけたプロい人たちの作例を見本に、真似しながら塗ってみたのですが…やっぱり難しいですね。ベース、シェードまではざっくりでイケるのですが、レイヤリングが本当に難しいです。「どこにレイヤリングを入れるか」の判断も難しいし、判断したエッジ部分やハイライト部分にキレイに塗料を乗せるコト自体これまた難しいワケで… このトカゲ族もプロい人の作例だと、1枚1枚のウロコの縁にハイライト気味にレイヤーラインが綺麗に引かれているんですが、ウチが真似しようとしても全然ダメで作例みたいな綺麗な塗りは出来ないんですよね。結局雑なドライブラシ風で誤魔化す羽目に…でもこのレイヤリング塗装の良し悪しが一番フィギュアの見た目を左右するトコかなぁ…と思うので、色々試行錯誤しながら練習していきたいですね。f:id:Wacky244:20180515164313j:imagef:id:Wacky244:20180515164333j:imagef:id:Wacky244:20180515164352j:image

(レイヤーが塗れない1695文字)

【フィギャー日記】ついに『ウォーハンマー』沼に堕ちたマン。

お久しぶりの更新です。フィギャーです。はい。

だいぶ前からその筋の方々の間では人気爆発中の『ウォーハンマー』ですが、ついにウチも手を出してしまいました。積みプラも満載。粘土も途中放置中。未読アニメは溜まっていく一方…「コレ以上沼っぽいモノに手を出してはいけないッ!!」と強いハートで見て見ぬフリをしていたのですが嵌っちゃいました……沼に。

ウチのツイッターランドのパイセン達はすでに沼の住人になっちゃって、たま~にTLに超カッチョいいフィギャーの写真がアップされたりしてたのですが、とりあえずはスルーしてたんですよ…頑張って。でもたまたま立ち寄った梅ヨドで『ホビージャパン』別冊の『ウォーハンマー』特集号を見つけてしまい、気付けばそのままフラフラ~っとレジに。f:id:Wacky244:20180423203358j:imageで、あとはオタクお決まりのパターン。「せっかくだし付録のフィギャーくらいは塗ってみよう」→「とりあえず付録分のカラーだけ買っとこ」→「カラー買いに来たけど付録の一体だけだと寂しいしついでにあと数体くらいは買ってみよう」→「あれ?カラー足りないや。足りない分だけ買い足そう」→「う~ん…やっぱりもうちょい他のフィギャーも欲しいよね? 隣に並んでるコレもついでに買っとこう」→エンドレス…f:id:Wacky244:20180423204550j:image

…コレクター系オタクなら誰もが哀しい目をして頷くであろうこの黄金の沼堕ちパターン。はい、見事に堕ちました。最初のムックだけなら投資額1000円ちょいだったのに、気付けばソッコーで軽く20K以上は突っ込んじゃって目も当てられないっす。でもね、コレはウチが悪いんじゃないっす。全部『ウォーハンマー』が悪いんっす。だってめちゃイイんですもん…シタデルフィギャーって。とにかくヤバいくらいに出来がイイんすよ!! デザインといいモールドの精巧さといい、ちょっと頭オカシイくらいに凄い出来なんですよ。f:id:Wacky244:20180423203440j:imageその分お値段も所帯持ちのプアー系初老には頭オカシクなりそうな価格ですが、輸入品だしこの出来なら全然理解出来ちゃうのが悔しいトコロ。ま、ガレキ系だと10K超えなんてザラですし、そう考えると大型フィギャーがこの出来で15Kクラスなら安いモンですよね。ウチにはキツいっすけど。

そんな魅力の塊シタデルフィギャーなんですが、フィギャー並みかそれ以上にヤバいのが専用塗料『シタデルカラー』。なにが凄いってもちろん発色や隠蔽力といった塗料単体の能力もヤバいんですが、それ以上にヤバいのがその塗装メソッド。塗りたい色毎にベース、スミ入れ、ハイライト等々に使う色が決まっていて、それらを順番通りに塗るだけで初心者でもマジごいす~な出来になっちゃうんですよ。もうね、マホーみたいで超カンドーしましたよ。初めて塗った時には。

実際どんなにヤバいのかを筆塗りスキルゼロ、センスもゼロで塗装ド下手のウチが塗った金ピカオッサンでカンタンにご説明させて頂きます。

①下地塗り

f:id:Wacky244:20180423203847j:imageランナーから切り離しパッチパチと組んだ金ピカオッサンの素に黒サフをスプレー(両脇の黒のオッサンですね)。サフ無しでいきなりベース塗りでももちろんOKなんですが、ベースの食いつきを良くして黒立ち上げで金の発色を見てみたかったので黒サフ吹き…ビビるくらいの速乾性に感動しました。はい。ちなみに金サフスプレーもあるのですが1本4K近くするお値段に撤退しました。でもめちゃ発色イイんですよね~金サフも。

②ベース塗り

f:id:Wacky244:20180423203950j:imageベースの金色を筆で塗りたくります。隠蔽力ヤバいので一発目の塗りでほぼカバー出来ちゃいますね。あと筆ムラもそんなに出ない感じなのもヤバみ感じます。ベースヤベェ。

③シェード塗り

f:id:Wacky244:20180423204022j:imageベースが乾いたらシェード用カラーでスミ入れっす。雑な感じでウォッシング気味にササ~っと入れていきます。この時点ですでにカッチョ良くなってきててビビります。シェードヤベェ。

④レイヤー塗り

f:id:Wacky244:20180423204056j:imageシェードが陰ならばレイヤーは陽。出っ張り部分や縁部分にレイヤーカラーを乗せていきます。コレで陰影がハッキリしてきてド下手が塗っても勝手にめちゃ渋な感じになっちゃいます。レイヤーヤベェ。

⑤青部分塗り

f:id:Wacky244:20180423204132j:image金塗装箇所が一通り終わったら、次は青の部分を同じようにベース、シェイド、レイヤーで塗りたくります。めちゃ愛着湧いてきてます。マジカッチョ良くない?

⑥細部塗り分け

f:id:Wacky244:20180423204202j:image⑤の写真でもすでに塗っちゃってますが、最後に金青以外の細かい部分を塗り塗り。シタデルカラーは金青系しか持っていなかったので、それ以外の部分は手持ちのファレホで塗ってみました。ファレホも素敵塗料なので悪くない感じっすね。

⑦台座塗装

オーラスは台座っす。黒サフ仕上げでも良かったのですが金ピカマンセットに台座用のテクスチャーカラーなるものが付いていたので試しに塗り塗り。塗った直後はウ◯コかよ⁉︎的ショーゲキを受けたのですが、乾燥後に見てビックリ。f:id:Wacky244:20180423210330j:imageマジ地面。コレ、テクスチャーカラーをテキトーに塗って乾燥させただけなんすよ? マジヤバないっすか? 恐ろしあっす。

…そんな感じでササっと完成っす。初のシタデルフィギャー塗り。初心者がだいたい1時間ちょい雑に塗ってこんな感じでしたっす。初心者、更に手持ちのカラーもあんまりない状態でのチャレンジだったので、上手いとは口が裂けても言えませんがそれなりに見栄えがする感じにはなったと思うんですが…如何なモンでしょ?

とまぁそんな感じでズブの素人でもこんな風にそれっぽく塗れちゃうシタデルカラーシステムの恐ろしさ…お判り頂けたでしょうか? ウチはイッパツで気に入っちゃってフィギャーも買い足したので、当分は『ウォーハンマー』沼に浸かってみるつもりです。f:id:Wacky244:20180423204609j:image

しっかし…ウチも素人なりに塗装やらはしてきたつもりですが、このシタデルカラーは本当に素晴らしいですわ。フィギャー同様、お値段がお高めなのが痛いトコロですがそれでもこの使い心地はちょっとクセになっちゃいますねぇ。とりあえず今は早く次のフィギャーを塗ってみたいでいっぱい。久しぶりに模型が楽しい感を味わっております‼︎ シタデルはマジサイコーっすよ〜‼︎f:id:Wacky244:20180423210849j:image(シタデルの感動で支離滅裂になった2479文字)

 

【音楽日記】ひゅーい「ピリオド」がエモ過ぎてヤバいマン。

月曜更新です。今回は音楽駄文です。はい。

まさかの菅田将暉クン出演ということで石崎ひゅーい史上サイコーチョーにメディアプッシュされている新曲「ピリオド」ですが…めっちゃイイですよね。MVでの菅田クンの演技も「レイ・レイホゥの神降ろしかよ?」ってくらいに神がかっていてスゴかったですが、やっぱ曲がサイコーに素晴らなんですわ。もうね、マジね、ホントに泣けるんですよ…泣いてんのはウチの嫁なんですけど。

そんな石崎ひゅーいというSSW。今までもめちゃエモくてイイ曲を沢山作っているんですが、ちょっとエキセントリックでファンタジック・ザ・ビースト的パフォーマンスのせいか、あんまりメジャーになってない気がするんですよね。『ハイキュー』『NARUTO』といった大型アニメのタイアップや色んなドラマ、映画のタイアップをブン獲ってる割りには消化不良感が抜けきらない止まらない。

まぁ別にブレイクしようがしまいが「ウチが好き」という事実にはなんら関係ないし、ぶっちゃけどっちでもイイんですが、やっぱファンとしてはこんなに素晴らしいSSWが消化不良で燻ってる感あるのはちょっと切ないのも事実なワケで…ここらでドーンと行って欲しいなぁ…とも思っちゃうワケなんです。

そのひとつの契機になりそうなのが、最新ベストアルバムに収録されているこの「ピリオド」なんですが…意外なコトに石崎ひゅーいって今までどストレートな失恋ソングって無かったんですよ。「別れの歌」的なヤツは勿論あったのですが、ほとんどは亡き最愛の母のことを歌ったヤツなんですよね。この「母への想い」みたいなプライベート感MAXなエモい楽曲が多いのもひゅーいの大きな特徴なんですが、まぁ長くなりそうなので例によって割愛。かわりに「ピリオド」の話に戻ると、この「ピリオド」って曲はある意味王道ど真ん中の失恋ソングなんですよね。ひゅーいにしては割と珍しくエキセントリック感もファンタジックレディオ感もほとんど無しのシンプルでストレートな失恋ソング。でも紛れもなく石崎ひゅーいにしか作れないだろうし歌えないであろう「石崎ひゅーいが全力で作った失恋ソング」の凄さがわかっちゃう、恐ろしいくらいに美しくて切ない歌なんですよ。普段はエッジキレッキレの独自の世界を走っている石崎ひゅーいが、万人に届くような王道ソングを歌ったらどうなるのか? その一つの答えがこの「ピリオド」って曲なんじゃないかなぁ…っと。

石崎ひゅーいの大きな魅力のひとつに、ナマの感情をむき出しにしてそのままぶつけてくるような凄まじい破壊力があるんですが、そのひゅーいが全力ど真ん中に投げてくる「失恋の痛さ」「取り返しのつかなさ」のエモ威力たるや…このまま『秒速5センチメートル』に使えば、観客全員その場で討ち死に待ったなし級。即ち、まさやんの「One more time,One more chance」、秦基博クンの「Rain」級の破壊力をもった名曲だとウチは思ってるワケです。はい。ちなみに「Rain」は大江千里派ですけど。

まぁ「歌の魅力」なんてモノはどれだけ言葉を重ねても、実際に聴かない限りは絶対にワカンナイものなのでショーモナイ駄文はここらでお開きにしますが、まずは「ピリオド」を聴いてみて「お?」っと思われた方は、最近出たベスト盤だけでもイイから聴いてほしいなぁ。ホントにイイSSWだと思うので…音楽好きなのに、知らなかったり、喰わず嫌いでひゅーいを聴いたことない人がいたら勿体ないと思うんですけど…如何なもんでしょ?…ねぇ。(1657文字)

【粘土日記】粘土ドラゴン的なヤツだマン。

久しぶりの更新です。特に忙しいワケでも無かったのですがメンドくさくて駄文更新サボってました。はい。

久しぶりの更新は粘土です。久しぶりの粘土ネタです。天啓がビビっときたワケではないですがなにやら無性に粘土を捏ねたくなり、引き出しの中で放置されてた軽量石粉粘土を引っ張り出した次第です。前はスカルプトクレイを使っていたのですが今回は軽量石粉粘土にしてみました。パパっと作ってみたかったので。はい。

てなワケで…とりあえず手帳にイメージをラクガキ。f:id:Wacky244:20180326233933j:image毎回言ってんですけど、この段階をある程度キッチリ描くことで邪神降臨率をぐ~んと抑えられるのですが、これまたいつものように結局1分で描いたラクガキを下絵に強引にゴーしました。「実際に手を動かして捏ねてれば何とかなるかぁ…」と思って。いや、今まで何とかなった試しないんですけどね。

あとどうでもイイことですが、今回は文明の利器あいぽんを使って下絵を見やすくデジ化してみました。f:id:Wacky244:20180326233954j:imageま、デジ化したとこでラクガキはラクガキなんですが…

そんな感じでいよいよ粘土開始。まずはだいたいの大きさをイメージしてアルミ線で骨組み作成。f:id:Wacky244:20180326234018j:image作業イメージとしては「アルミ線で骨組み作成」→「粘土でざっくり肉付け」→「表面の盛りながら整形」をイメージしながら、一番の肝となる骨組み用アルミ線をグニグニしてたのですが…なんかデカない? あといきなり下絵と体型変わって無い?

「こりゃヤバい」と思って急遽アルミ骨組みを元に完成予想図を描き直したんですが……f:id:Wacky244:20180326234050j:imageマジキモい。ちょこんと可愛い置物的イメージで作りたかったハズがいきなりの邪神化。この段階で骨組みから作り直せば良かったのですが「粘土盛ればワンチャンあるかも?」的にムボーな作業続行を決定。胴体部分の骨組みに粘土を盛り盛り。f:id:Wacky244:20180326234122j:image次に手足部分に粘土を盛り盛り…f:id:Wacky244:20180326234146j:image……はい。まごうことなし邪神くねくねですね。やっぱワンチャン無かったですね。

すでにこの時点でルロイ・ギリアム並みに取り返しのつかないことしちゃった感がハンパないですが、すでに「ここまで粘土使っちゃったし…」的コンコルド効果で止まることも出来ずに更に粘土を盛り足して何とかプロポーション修正にチャレンジ。f:id:Wacky244:20180326234213j:imageとりあえずくねくねからは脱しましたが今度はハダカデバネズミにクラスチェンジ。この段階でついに現実逃避を開始して同時進行していた小さい方を先に進めるコトに。

レジンで抜いた半クリアパーツをテキトーに小さい方の背中と頭部にブッ刺してイメージ確認したトコロで終了。f:id:Wacky244:20180326234242j:image

粘土乾燥したら一度レジンパーツを外して頭部と胴体部を接合、手足もくっつけてバランスをとってみる予定です。未だ完成は全く見えず…ですが、大きい方のハダカデバネズミもどきよりはゴールが近そうなので、まずはコチラの完成を目指してチマチマ頑張るつもりです。スカルプトクレイで違うヤツ作る前の練習のつもりなのでパパっと完成させたいトコロなんですが…思った以上に結構かかりそうですなぁ。2~3日で完成する予定だったんですが…上手くいかないものですねぇ。ホント。(1264文字)

【ゲーム日記】またもや『スカイリム』始めたマン。

月曜です。駄文です。ゲームの話です。

Switchちゃんの『ゼノブレ2』をとりあえずクリアしたので、今度は『スカイリム』を始めました。つまりはジャパニーズおっぱいギャルからメリケンホラーババァへの超ポールシフト。同じワールド徘徊ゲーでも全く毛色の違う2作ですが、これが同ハードで遊べちゃうってのイイ時代になったもんですねぇ。持っててよかったSwitchちゃん。

で、その『スカイリム』ですが…もう数年前のゲームになりますし、あまりにも有名過ぎるので説明は割愛。ウチのついったTLでは何故か「3本目の『スカイリム』買ったった!!」「3回目のホワイトランじゃ~」などとちょっと意味わかんないtweetが龍虎乱舞してましたが、ウチはXBOX 360に続いての2回目プレイだったのでギリセーフでした。

その360版での1回目プレイは水中呼吸に惹かれたトカゲ族でほぼスナイパープレイだったので、Switch版では違う感じでいきたいなぁ…と思い、種族はウッドエルフをチョイス。ホントはマホー的戦士でブイブイいわしたかったのでダークエルフかハイエルフにしようかと思ったのですが、なんというか…ビジュアル的に…どう弄ってもアカンかったのでウッドエルフで妥協。ニャンコ族やオークも良かったんですがマホー使いたかったので。はい。

そんな感じで新日のSANADAばりの髪型がチャームポイントのモヒカンウッドエルフ魔法戦士「Wakisan」がスカイリムの地に爆誕しましたがf:id:Wacky244:20180326144016j:image……マホーショボいっす!! 1回目のプレイで知ってたコトだけど…やっぱショボいっす。難易度ベリーイージーにして相手を激ヨワにしても更にそれを上回るマホーのショボさにモヒカンやっぱり苦笑い。弓や片手武器なら普通に一発で仕留められる山賊マンですら序盤ならマナ限界までファイアしないと焼けないとかマホーマジヤバない? まぁマホーレベル上げて強化パークとっていけば、いつかは大マホー使いとしてスカイリムの地に降臨出来るんでしょうけど、スニーク弓マンや脳筋ブン殴るマンの方が圧倒的に快適スカイリムライフを送れちゃうんですよね…

てなワケで早々とモヒカンマホー戦士は引退し、いつものモヒカン隠密スナイパーマンジョブチェンジ。結局やっぱこのロールプレイになっちゃうんですよね。前回もスナイプマンだったから今回は!! と思ったんだけど…やっぱ弓の楽チンさからは逃れられないようです。だって弓強いんだもん…仕方ないよね。(2週間前に書いてた1027文字)

【音楽日記】月曜焼き天使のプレイリストを組んでみたマン。

ひさしぶりの更新です。音楽の話です。さっくりいきます。はい。

ウチは昔から素敵イラストを見るのが大好きマンなので、ついったで一方的にフォローさせて頂いているアカウントにも素敵スーパーイラストレーターの方が割と多いです。でもってその中でも特に嗜好どんぴしゃりアカウントが神山ゆりサンという方なんですよね。ウチの大好きなアーティストものんくるのPVアニメーションで初めて知った方なんですけど…

とにかくこの方の描くイラストがど真ん中どストライクなワケなんですよ。特に天使シリーズがもう大好物。超美味い。他にも丸紅サンや三上唯サン等大好きな方はいっぱいいますが神山サンの描かれる天使シリーズ(月曜焼き天使)がホントに素敵なんですよね。

まぁウチの嗜好なんぞ誰も興味がないでしょうが…

そんな大好物の天使シリーズなんですが…きっかけが音楽PVだったせいか、たまに好きな音楽を聴いてる時に不意にこの天使の絵が浮かんでくるコトがあるんですね。こうやって文章にしてみると「ねぇクララ聞いて!!音楽を聴いてると急に天使が出てくるの!!」とか割とアルプスの少女並にヤバい人っぽいですが浮かんでくるんだから仕方がない。でも当然ながらどの曲でも天使が出てくるってワケではなく、自分の中でもよくワカラン基準があるみたいなんですよね。

というワケ?で…ウチのあいぽんに今入ってる曲で月曜焼き天使の登場頻度が高い曲をプレイリストを組んでみました。f:id:Wacky244:20180219225909p:imagef:id:Wacky244:20180219225913p:imageもちろん作者サマの意向そっちのけのウチの想像と妄想の中だけの天使ちゃんイメージなので、作者的には「オメェ…それ本気で言ってんのか?」的悟空ムーブも待ったなしでしょうが、ま、こういう人もいるってコトで見逃して頂ければ多謝多謝です。

それでは…そんな妄想系プレイリスト「月曜焼き天使」の中身を超さっくりと紹介していきます。アルバム画像がスマホのスクショなので邪魔だと思いますがそこはまぁ…勘弁したって下さい。ご存知の通り駄文ブログなので。では‼︎

1.「頼りない天使」FISHMANSf:id:Wacky244:20180219225931j:image

タイトルからしてそのものズバリ臭がしてちょっと恥ずかしいですが…フィッシュマンズの超名曲「頼りない天使」です。フィッシュマンズはホントに名曲ばっかなんですが月曜焼き天使的にはやっぱこの曲かな?っと。一聴すると恋愛ソングのように思えますが実は育児ソング?だとかなんとか。そう考えて歌詞を改めて読むと色々泣けます。幼い子供とその傍らで微笑む子供にしか見えない天使。うん、エモくて泣ける。あとイントロも泣けます。

2.「ミュージック」サカナクションf:id:Wacky244:20180219225942j:image

ご存じサカナの名曲「ミュージック」。音はちょっとソリッドな感じで天使っぽくないかな?とも思いましたが、曇天の空高く鳥と共に飛んでいる天使…そんな感じがあるんですよね。はい、妄想力爆発案件です。2曲目にしてすでに相当キモいっすけど頑張ってついてきてください。フォローミー‼︎

3.「桜 super love」サニーデイ・サービスf:id:Wacky244:20180219225955j:image

ウチの中では月曜焼き天使は夜のイメージが強いんですがこの曲では真っ昼間に顕現。桜舞い散るなか不意に現れる天使…ホントはいなくなった恋人を想う恋愛ソングだと思うんですけどね。あと一発目の「きみがいないことはきみがいることだなぁ」という歌詞、天才だと思いません? 天使関係ないけどマジ天才的リリックだと思いますわ。

4.「空想飛行」ものんくるf:id:Wacky244:20180219230008j:image

コレはPVが神山サン作なのでもうそのまま天使が降臨ですわ。あとこの曲が入ってるアルバム『世界はここにしかないって上手に言って』はマジ傑作アルバムなので超おススメです。必聴ですよん。

5.「おれ、やっぱ月に帰るわ」スガシカオf:id:Wacky244:20180219230024j:image

スガちゃんの伝説級名盤『THE LAST』から一曲。正直天使風味はめちゃ薄~いけどこのアルバムから一曲入れたくて無理やり入れちゃいました。この辺からリストインの理由が怪しくなってきますが、一応ビルの屋上から月を見上げる男の横にうっすらと天使がいるようないないような…やっぱ無理がありますな。さーせん。

6.「Black Butterfiy」SHERBETf:id:Wacky244:20180219230035j:image

ウチの愛しのベンジーのBETSじゃないSHERBET時代の名盤『セキララ』から一曲。『セキララ』はホントに奇跡のようなアルバムで「水」「きせき」「ゴースト」等々奇跡級名曲が詰まってるんですが、中でも天使がいるのはこの曲のような気がします。雨上がりの青空の下、7UPのシールがついた古いカバンを肩に下げた君を、街灯の上からそっと見つめる天使とか素敵だと思いません? え?、キモいっすか? でもまだまだこんなモンじゃないっすよ‼︎

7.「氷のヴィジョン」PSY・Sf:id:Wacky244:20180219230049j:image

めちゃ懐かしのPSY・Sです。結構好きでアルバムも買っていたのですが何故かあいぽんには『SIGNAL』しか入ってませんでした…『SIGNAL』好きだけど。PSY・Sの特徴でもあったSFちっくというかファンタジック寄りの曲ですが、一面氷に包まれてしまった街を見下ろす天使のイメージ…有りだと思います。でも実はPSY・Sの中で一番の月曜焼き天使ソングは「最後の楽園」。あいぽんに入ってなかったのでリストインしませんでしたが、めちゃイメージぴったりなんですよね…天使そのものも出てきますし。ちなみにウチが一番好きなPSY・Sの曲でもあります。ゴメンね「氷のヴィジョン」。

8.「タイムマシーン」川本真琴f:id:Wacky244:20180219230104j:image

またもや懐かしの一曲。川本真琴は1stアルバムしか持ってないのですがこの「タイムマシーン」は超エモ名曲だと思っております。渋滞の8号線を走る2人の乗った車を、ベランダではかない彼女を、そっと見下ろす天使ってシチュ……エモくないっすか? ウチはエモいと思います。ちなみに天使は最後まで見つめるだけです。そこがエモポイントです。読んでる方はエモいよりキモいがヨユーで勝ってきてると思いますがここ重要なんで。ヨロシク哀愁‼︎

9.「風になるまで」BLANKEY JET CITYf:id:Wacky244:20180219230122j:image

またもやベンジー枠です。今度はBJCからのチョイスっす。ブランキーは割とハードなイメージが先行逃げ切りで聴いていても天使はあんまり浮かんでこないのですが、この「風になるまで」は別、切ない系天使が浮かんできます…めちゃイイ曲だと思いますし。あと天使関係ないけどこの曲が入った5枚目のアルバム『幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする』は当時はホーンセクション導入やらであんまり好きじゃなかったんですが、今聴くとベラボーに良いアルバムだと思います…天使関係ないけど。はい、以上!!

10.「翳りゆく部屋」松任谷由実f:id:Wacky244:20180219230131j:image

ユーミンの超有名な曲っすね。翳りゆく部屋の中で沈黙する2人とそれを見つめる天使。天使にもどうしようもないコト、焼けないコトがあるんじゃないかなぁ…な一曲です。もう全く意味わかんないっすね。でもそういう感じなんです。お願い‼︎ 察して。

11.「ナイトクルージング」FISHMANSf:id:Wacky244:20180219230151j:image

FISHMANS枠から2曲目です。さっきから同じアーティストの曲が多いですけどあいぽんに入れてる曲から選んでいるのでまぁそういうコトです。この「ナイトクルージング」はFISHMANSの曲の中でも知名度で1、2を争う有名な曲だと思いますが、まんまナイトクルージン中に車内で聴いていると窓を開けたくなる超名曲だと思います。本当に天使のいい声が聴こえてきそうな一曲。めちゃ好き。

12.「500マイル」サンタラf:id:Wacky244:20180219230202j:image

原曲はPPMで超有名なアレのサンタラによる日本語カバー曲です。日本語カバーでは多分キヨシローのカバーが一番有名で、最近だと藤原さくらのカバーも人気でしたが…このサンタラカバーも超絶にイイっす。個人的には一番好きなカバーです。特に「Lord I'm one, Lord, I'm two. Lord I'm three, Lord I'm four. Lord I'm 500 miles from my home 500 miles」のトコの訳し方が素晴らしいんですよ。マジ良いのでぜひ聴いてみてください。あ、天使は駅の上から夜汽車を見ながらゲスト出演枠ですね。でもホントにイイから必聴ですよ。

13「Birthday Alone」ものんくるf:id:Wacky244:20180219230212j:image

「空想旅行」と同じアルバムに入ってるめちゃエモ切ない一曲。こちらは暗い部屋の中で受話器を持つ女の子とその隣に寄り添う天使。ちなみにスマホより受話器だとエモさ倍増感ないっすか? そんなエモイメージですね。アルバムでもよくリピしてる一曲です。

14.「Don't Cry」Guns N' Rosesf:id:Wacky244:20180219230242j:imagef:id:Wacky244:20180219230245j:image

終盤ここにきていきなりのガンズです。まさかのロケンローです。名盤『Use Your Illusion』の『赤』『青』両方に収録されてる名曲ですね。これまた有名すぎる曲なのでさっくりスルーしますがウチ的には「Don't you cry tonight, there's a heaven above you, baby」が天使ポインツです。ただこの曲の天使はちょっと洋物系エンジェルで月曜焼き天使とは違うイメージっすね。つまりは海外からのゲスト天使参戦枠。マジ意味わかんないと思いますが…すんません。もうちょいなので我慢して下さいっす‼︎

15.「The Kiss」Judee Sillf:id:Wacky244:20180219230256j:image

ついに妄想プレイリストもラストっす。ラストはジュディ・シルの「The Kiss」です。凄絶なまでに美しい名曲。最後の最後で月曜焼き天使からはだいぶ離れてしまいましたが、クロージングは愛と祝福に溢れたこの曲にしたかったのでまぁ大目に見てやってください。曲自体の美しさが素晴らしいのは勿論なのですが、それよりも過酷すぎる人生を歩んできたジュディ・シルという女性がこの歌を歌った…いや「歌えた」というコトにウチは毎回感動しちゃうんですよ。興味を持った方はwikiでも読んだ後にこの曲を聴いてみてください。色々と思うコトがあると思いますので。凄すぎて天使というよりGOD枠の一曲。でもウチにとって色々な思い出が詰まった大事な曲なので最後の〆に選んでみました。

 

…とまぁそんな感じでプレイリストの14曲をザックリサックリと紹介してみました。ま、ほとんどの人にとっては「どうでもいい」感ハンパない妄想駄文になりましたが、ウチ的にはこのプレイリストを考え組むのはなっかなかに楽しかったので、今後も思いつき的切り口でプレイリストを組んでいけたらなぁ…と思ってます。いつも通りの雑な駄文でしたが曲はめちゃイイと思っているので、機会があれば聴いてみて下さい。天使&ミュージックラブですよん‼︎(久しぶりに多めの4309文字) 

【ゲーム日記】『メガテンD×2』がおもつらいマン。

月曜です。内勤です。ゲームの話です。…火曜になったけど。

あまりにも渋すぎるリセマラハードルのお陰か(一応)大型タイトルにも関わらずリリース初日にノーメンテという偉業を達成した我らが『真・女神転生D×2』さんですが、相変わらずブーイングとヘイトが鳴り止みませんね。f:id:Wacky244:20180130011811p:image

まぁあの悪名高い『FGO』をヨユーの笑顔でぶっちぎる「最高レア排出率0.5%+個体値アーキタイプ)有り+チュート終了後ガチャ回数2回のみ」という塩対応ジェットストリームアタックにメンタル折れてヘイト飛ばしたくなる気持ちもわかりますが、ウチは個人的には割と気に入ってるんですよね…この『D×2』を。

確かにタイトル画面でいきなり他ゲーのバナーが出てきたり、隙あらば課金パックおススメポップアップが出てきたり、戦闘中も邪魔なチャットが表示されたりとクソみたいな要素は山ほどありますが…というよりクソみたいな要素ばっかな気もしますが、それでも根っこの部分のプレイ感覚は結構『メガテン』してる気がするんですよ。はい。クソ渋いガチャに関しても、リリース前にエライヒトが「このゲームはガチャゲーじゃないですぅ」的なプレゼンをかましちゃってリリース後の現在絶賛フルボッコ状態となってますが、確かにコレはガチャゲーじゃないと思うんですよね。0.5%排出の☆5ユニをゲッツして無双する夢を見るよりも、「悪魔合体」「転生」「覚醒」「スキル継承」といった育成要素を使いこなし仲魔を強化していく方が多分重要なワケで。このゲームは「ガチャゲー」と言うより「クソマゾガチ育成ゲー」だと思うんですよ。…「ク☆ソ☆マ☆ゾ」ですけど。

クソみたいな排出率より問題なのは、基本無料のソシャゲスタイルをとったコトで課金要素をガッツリ組み込む必要が発生し、それによりプレイ導線がズタボロになっちゃってるコトだと思うんですよ。とにかく「進めたかったら課金しやがれ」的縛りがそこかしこにあって、0.5%排出率なんぞよりそっちの方がプレイ意欲をガリガリと削ってくれちゃうワケなんですわ。このゲームもあの『メガテン』シリーズなワケですから、基本の流れは「会話で悪魔を仲魔にする」→「集めた仲魔を使い悪魔合体でより強い仲魔を作る」→「強化した仲魔パーティでシナリオをすすめていく」のいつものパターンなのですが、ムリョウムリョウでスムーズに進まれたら誰も課金なんぞしないのは自明の理。つまりはプレイヤーがスムーズに進まないような作りになっちゃってる感あるんですよ。だから「なかなか会話が発生せず仲魔を増やせない」「高ランク悪魔合体での要求mag量がキチガイじみてて強化できない」「アウラダンジョンのスタミナ消費多くね?」等々あちこちで足止めされてる感の山盛り具合がマジハンパない。つまりは「スムーズに遊べない」。

まぁ『D×2』は基本無料の課金ソシャゲなので、従来のコンシューマ『メガテン』のプレイ感覚を求めるコト自体がバッドでしょうし、コンシューマ版だと長くても一ヵ月くらいで消化される内容を年単位で運営していくためにはある程度薄めたり縛ったりしなきゃならないってコトも理解はできます。でもなんちゅーか…「やり方をもうちょい上手く出来なかったかなぁ…」的もったいない感があるんですよねぇ。元が『メガテン』なのでプレスターン制の戦闘はやっぱ面白いし、仲魔のスキルや耐性を継承でイジって強くしていく楽しさも健在です。ストーリーも『メガテン』のくせに東京が崩壊してないのは納得いかないけど割と気になる出来ですし、ウザさ満点だったメガキンやワッカ頭も今ではなんだか許せる気分。てな感じでメガテニストだったら結構遊べる出来にはなってると思うワケで……だからこそもうちょいバランス面でブラッシュアップしていって欲しいなぁ…っと切に思わざるを得ないんですよ。今のままだとマジ勿体ないですしおすし。

とまぁそんな感じの愛憎こもごも駄文を書きましたが、ウチの現状は愛しの☆3ブタ王様スタートで現在4章クリア、5章をガッツリ攻略する前に覚醒、転生で戦力増強中ってトコです。今のメンツは愛しのブタ王様には即退場頂き、D2メガキンの☆4素体ホルス(転生済)、☆防魔3フォルネウス、☆4防魔イシス(転生、覚醒済)、☆3防魔オセのテンプレお約束パーティ。f:id:Wacky244:20180130011837p:imageただこのゲームはレベル差によるパラ格差の影響がクソデカいのでレベル差が5もあると相当キツく、レベルマ35の☆3組では敵レベル40超えの5章は詰みっぽい感もチラホラ。そんなワケで転生での☆上げしながらのレベリングハムスターと化してます。後はもうちょいで究極召喚札が1枚手に入りますし石在庫も900に届きそうなのでガチャでの戦力強化もする予定。究極札とガチャで何とか使える☆4が来てくれればもうちょいマトモなパーティになるんですがどうなるコトやら…☆4でもアーキ次第では雑魚堕ちも充分ありえますし…今からクソマゾガチャの結果に震えております。最近はガチャラック消費してないのでココらで当たってくれたらイイんですけどねぇ。☆5来ねぇかなぁ…来ねぇだろうなぁ…0.5%だもんなぁ…やっぱエグいよねぇ…ホント…クソマゾだなぁ…はぁ。(ブタ王に捧ぐ2133文字)

【イカ2日記】ジジイがバレスピで頑張るマン。

本日は土曜出勤です。ガラガラです。故に駄文更新です。イカの話です。はい。

最近は『ゼノブレ2』のせいでちょっとプレイ時間が減り気味ですが相変わらず毎日10戦程度ちまちまナワバってます。基本長射程チキンマンなのでジェッスイ系やプライム系、96なんぞもたま~に握るコトもありますが、やっぱりバレルがしっくりくるのでほぼバレ専で塗ったり獲ったり獲られたり獲られたり獲られたりを繰り返してます。ん? ハイドラ? あんなの2階から捨てちゃってよ!! アレ多分不良品だからさ。

とまぁそんな感じで似非バレラ―として頑張っているのですが…肝心のプレイヤーが相当なジジイスペックなのでバレルのポテンシャルを全くもって活かしきれてないのが歯がゆいトコロ。動体視力、反射神経、反応速度、操作能力…全ての能力がオールドタイプ的ジジイスタンダードなので反応速度や操作能力、エイミング等に優れたニュータイプ的若い衆に見敵即殺させられる毎日。そんなオールドタイプの悲哀を感じながら割と落ち込みがちなエブリデイを過ごしているワケですが…でもよくよく考えてみたら50近いオッサンにしては頑張ってる方ではないでしょうか?

『イカ2』プレイヤーの世代分布図がどんなものかは知りませんが、多分10代20代が大半で40代後半のジジイ系プレイヤーはあんまりいないと思うんですよね。いたとしてもほとんどが子供と一緒にライトに遊んだりヒーローモードをたまに遊ぶくらいで、ガッツリとナワバリやガチマに挑戦してる人はそんなに多くない気がするんですよ。そんな中ウチはまだ頑張ってる方じゃないかなぁ…と思うワケで自画自賛のジガーズサン。まぁ世間一般的には全くもってどうでもイイ頑張りなんでしょうけど。ねぇ。

そんなジジイ系バレル族の星となるべく日々いらぬ精進をしているのですがバレル…というかスピナー系という若干クセのあるブキを使ってるせいで、やっぱステージによってはだいぶ得手不得手がハッキリしてきた感があります。そこで発売日より今まで遊んでるクセに未だランク40台、ガチマB帯、バレスピ塗りポイント70万というニュービー系バレル族からみた各ステのナワバリ印象をざっくり書いてみたいと思います。ちなみに各ステ毎に貼っている戦績画像はバレスピ以外のブキも使用した全ブキでのナワバリ戦績です。『イカウィジェット2』使い始めたのが途中からだったので400戦ちょい分のデータしかないですけど。一応ね。f:id:Wacky244:20180121003733j:image

●バッテラf:id:Wacky244:20180121003753j:image

中央のバッテラ橋の攻防がアツいステージ。相手にチャーがいなければ橋の上の睨みでかなり圧がかけられますね~。一度睨みに入ると左右の動きもある程度見えますし、相手の裏取りもマップ確認で警戒しやすく意識を前方に集中できるので相当強く睨めます。ま、睨んだトコロで雷神ステッポやマニューバスライドには対応できないジジイスペックなのですが…でも割と好きです。

フジツボf:id:Wacky244:20180121003823j:image

バッテラ同様『2』ではおなじみの中央もっこり系ステですが、コチラは中央もっこりをキープしても左右から上がってきた裏取りマンに刺されてノットもっこりになるのでバレルでもっこりし続けるのはちょいキツい感あります。つまりは調子に乗って中央で踊っていると〝不運〟と〝踊〟っちまう鰐淵系ステージ。でもこじんまりキュっとしてて割と好き。

ガンガゼf:id:Wacky244:20180121003833j:image

中央のステージでどれだけ踊り続けられるか?のチキンレース系ステージ。人速47積みのバレルで短射程相手に麓沙亜鵺の緋咲ばりのステップで踊りきって12k0dを出した時は脳汁でました。あとステージ奥右側の一段高いトコで相手の左ルートを塞ぎながら睨むのもドエレェCooooolなムーヴだと思います。ステージダンスが失敗するとあっという間に自陣まで圧されヒデェ目にあいますが踊りやすいので割と好き。嘘、だいぶ好きです。

チョウザメf:id:Wacky244:20180121003844j:image

序盤は自陣高台から中央にオシッコ垂れ流しプレイで隙をみて中央に移動、中央で睨みモードに入ると中央・左・右、全て睨めるので散眼モードの愚地独歩なみにヤバいっす。マップで塗り状況を確認しながら左右相手陣地にスプリンクラーを投げ込みつつ中央キープで肉ビーコンしながらサタデーナイトフィーバーするのも何となく「コイツ…わかってるじゃん!!」的アピールが出来るのでおススメです。ただマルミ、ハイプレ、アメフラシ、スプボ、クイボ、ロボム等々…ありとあらゆるモノが飛んでくるので油断すると死にます。油断しなくてもやっぱり死にます。でもちょっと好き。

●海女美f:id:Wacky244:20180121003853j:image

長射程のセオリー的には中央高台で睨むのがグデストなんでしょうが個人的には高台の周りでウロウロする方が好きです。左右の広場にスプリンクラーを投げ込んだ後は中央で射程を活かしながらウロウロと相手の迎撃、牽制メインの積極的チキンプレイ派。基本的にどのステでも相手陣地までは凸らず前線の底あたりをうろつく派なので。でもデカい高台のせいで中央で踊りにくいのがちょい苦手。ちなみに中央高台の上からハイプレ撃つとめっちゃ目立ってヒーロー感出せるのでおススメです。多分死にますけど。

●コンブf:id:Wacky244:20180121003901j:image

スタートしたらだいたい左ルートから相手陣地まで外周を塗りながら相手の進行を牽制、まずは相手の右ルートを封鎖…ってのがウチのパターンですね。障害物もない狭めのルートなのでバレルだと短射程相手なら複数対面でも互角とれるコトがあり鉄壁ミューラー感も出せるのでオススメです…多分誰も見てないけど。まぁ外周で塗り勝っても最終的には中央を抑えた方がだいたい勝つので、なんとか中央も抑えたいのですがバレルで中央キープはちょいキツい感。実際はそんなことないんでしょうが最初の頃にココのガチエリア戦でフルボッコ喰らったため今でもコンブの中央攻防戦には苦手意識あるんですよね。でも広いステージで動きやすいので好きなステです。塗りポイントも多めで上手くなった錯覚も出来ますしおすし。錯覚ですけど。

●マンタf:id:Wacky244:20180121003907j:image

バレル的には高台~金網~相手側高台の高所ラインをメインに立ち回るのが王道でしょうがウチはエイムが壊滅的にガバいので高台よりもやはり地べたメインに立ち回ってます…金網からの撃ち下ろしって何か苦手なんですよねぇ… ただ人速ガン積みしてるので柱を使っての対面はけっこうイイ感じに動けますね。やっぱ広いスペースだと退き撃ちもしやすいですし踊りやすいので。打開時は右ルート広場からスプリンクラーを絡めて塗り広げていき中央まで押し返すって感じで頑張ってます。頑張ってるだけですが。バレル的にはまぁ動きやすいステですね。ちゅき!!

●ホッケf:id:Wacky244:20180121003914j:image

おそらく一番バレルと相性が良いステですね。ほぼ高低差もなくコンテナで仕切られた細いルートメインのステ構成は障害物の陰でチャージして長射程弾幕で押す…というバレルにピッタリですし、なによりご存じの通りハイプレが刺さりまくりますので。ただ十字路の連続で見通しが悪いステなのでクリアリングやマップ確認を怠ると簡単に短射程に刺されて死ねるステでもあります。あと一時期つけてたサーマルが一番輝いたステだったかも? 不意打ち多発で神経ガリガリ使いますがそれでも一番好きなステですわん。だいちゅき!!

●タチウオf:id:Wacky244:20180121003922j:image

発売日からみんなのヘイトを一身に背負っている健気なステージ。健気だけどバレル的にもやっぱりあんまり好きなじゃないステです。最下段手前の踊場か最下段右側からの牽制がメインでなかなか相手陣地に攻め込めないんですよね。チャージブキのスピナー系はインクレールとの相性も激悪ですし壁登りも悪手ですし。アプデでだいぶステ構成が変わりましたがやっぱ苦手のままですね。ただ上方からハイプレ狙撃がしやすい点だけは加点対象ですね。加点ドンですわ。

●エンガワf:id:Wacky244:20180121003929j:image

実装されてだいぶ経ちますがあんまりプレイした記憶がなく、正直今でも立ち回りよくわかってません。だいたい初動は左エリアから塗り広げていく派なんですが右側から敵陣に塗り広げていく方がイイんですかねぇ? どうなんでしょ? つまりはその程度の認識です。はい。

●モズクf:id:Wacky244:20180121003937j:image

前作ではバレル御用達ステとして有名でしたが金網嫌いのウチにとってはそんなに得意なステじゃ無いっす。どうやらジジイの空間把握能力は地上、金網の2層構造には対応してないらしくしょっちゅう刺されて爆散してます。というか未だに金網ルートのつながりを正確に把握しておらずたまに迷います。つまりはバレルにはイイけどジジイには色々ツラいステージ。ちなみに初動は左ルート派。苦手。

●Bバスf:id:Wacky244:20180121003947j:image

フロアのなだらかな高低差がバレルにはイヤなステージ。中央高台が長射程ポジなんですが個人的には右側高台での芋プレイが大好きです。バレルだと右高台から中央高台まで届きますし中央高台から右側にかけては相当キッツい睨みが出来ます。相手のブキ構成にもよりますがバレル一人で右側はほぼ封鎖できる感ありますし。ただガチの芋プレイで塗り貢献はほぼナッシンなので味方負担が多くなるのが玉にキズ。芋りながらこまめにマップ確認して塗り状況や敵味方のルートをアップデートして芋モード解除しないとただのシャバ僧になるので要注意っすね。

●ザトウf:id:Wacky244:20180121004007j:image

とにかく広い。広々&ノビノビで開放感ある良ステですね。広くて進行ルートが複数あるのであんまりキルゲーにならずに塗りゲー出来るのも素敵。『2』のステージはなんかゴチャゴチャして「自然なお通じこないじゃん」的モヤモヤ感があるのでザトウのスッキリ出ちゃった感はけっこう快感です。バレル的にも動きやすいですしやっぱり好印象。そんなコト言いながら酷い戦績なってますけどコレはハイドラ担いでた後遺症です。だからバレルだと……だいちゅき!!

ハコフグf:id:Wacky244:20180121004018j:image

とにかく狭い。狭々&キツキツで閉塞感ハンパないステですね。前作の頃からそんなに嫌いなステじゃなかったのですが今作では新スペとのシナジーがハンパなく、ストレス度がグングン上がり割とプルプルきちゃいます。特にマルミの邪悪さがマシマシでマルミ接待ステ感すら感じます。細道対面中にマルミ降ってきてセルフ雪隠詰めで爆散…なんど喰らったことでしょう… 一度中央広場まで圧せたら睨みやすいしバレルとは相性イイんですけどねぇ。とにかくマルミが嫌いになるマルミ絶許ステ。でも…実はそんなに嫌いじゃないんです…分かりやすいステですしね。…ポッ。

●デボンf:id:Wacky244:20180121004025j:image

最新実装ステですね。ガラス天井とフロア部分の2層構造で長射程ゲー感ヤバいっす。バレル的には相手に長射程が居なければ天井無双ゲー、相手に自分より長射程が居れば天井無双されゲーになる射程力こそ全て的ステ。天井の床がガラス製でイカセンプク不可なコトもありとにかく長射程に睨まれるとキツ過ぎるんじゃないかなぁ…っと。まだそんなにプレイ出来てないですけど、それでも上級チャーが居た時にはヨユーのシモ・ヘイヘ系プレイで蹂躙されました。基本バレルは自分より長射程の相手には滅法弱いんですがこのステだとさらに不利がつく気も無きにしも非ず系。でも人速ガン積みでガラス天井の上、短射程相手に踊るのは楽しいです。今んとこはそんな感じっすね。はい。

 

とまぁジジイ&バレルから見た各ステの印象はこんな感じですね。例によって…というかいつも以上に長くいつも以上に役に立たない駄文になりましたがまぁいわゆる駄文系ブログなのでソコはご容赦頂きたい所存です。気が向いたらもうちょいマトモな攻略系イカ駄文も書いてみたいのですが、駄文脳ですし攻略しようにも他の人の攻略記事を読んでベンキョーしなきゃならないレベルなので無理っぽいですなぁ。いつかは書いてみたいんだけど…無理だよねぇ。(無駄に多めの4781文字)

【ゲーム日記】スマホゲー『聖闘士星矢GS』を遊んでみたマン。

約1カ月ぶりの更新で割とお久しぶりです&あけましておめでとうございますです。はい。でもって新年1発目の短文駄文です。年が変わっても相変わらずゲームの話です。すんません。

年末年始のお休みは、人ごみの中わざわざ出かけていくというマゾい趣味はないので、年末に買ったSwitch『ゼノブレ2』の戦闘システムの理解に費やすという非常にアカデミックな過ごし方をしておりました。そのせいで数日かけても一向に理解できない己の脳の不具合を嘆くハメとなり割と暗めのテンションで新年を迎えるコトとなりましたが。『ゼノブレ2』のチュートマジヤバない?

とまぁそんなガッツリ系大作を堪能しつつも、箸休めかわりに気軽に遊べるスマホゲーを物色してた際につい魔が差してインスコしちゃったのがコレ。f:id:Wacky244:20180113190743p:image聖闘士星矢ギャラクシースピリッツ』。日本人ならマストな車田御大の神話的名作『聖闘士星矢』のスマホゲーです。

ウチはまぁ世代的には『聖闘士星矢』よりも『リンかけ』派になるのですが、どちらにせよ車田御大の薫陶を受けて育ったワケでして、その御大の代表作のスマホゲーについ菊ねーちゃんのパンチラなみにムラムラきちゃって光速インスコ

で、さっそく遊び始めたんですが…なんちゅーか…とてもノスタルジックな香りがスマホから吹き付けてきてマジヤバい。例えるならオカダvs内藤でヒートしまくる平成新日プロレスの試合を観に行ったら目の前で藤波長州の名勝負数え歌が始まってたよ…的なオールドクラシックワビサビスタイルでマジヤバい。「どこが?」って言われても上手く説明できないのですが、とにかく懐かしい雰囲気がぷんぷんしてるんですよ。

ゲームの作り自体は豊富な育成要素、各種イベントの開催、PvP戦、ギルドシステム等々、今のスマホゲーのトレンドをきっちり踏襲しているんですが、全体を昭和プロレス的ノスタルジーがうっす~い靄のように覆っていて、やっぱセンチメンタルジャーニー気分。f:id:Wacky244:20180113190812p:image1年前にリリースされた割と新しめのスマホゲーとはとても思えませんが、多分コレは今でも昭和的漫画パワーで突っ走り続けるブレーキの壊れた車田御大へのリスペクトから来たノスタルジック仕様なのでしょう。多分。やるじゃん!!

とまぁそんな前振りはここら辺にして…肝心のゲーム内容です。詳しいコトは少しググれば役に立つブログが沢山出てくると思うのでそちらを読んでいただくとして、ココでは1週間ほど遊んでみて個人的に感じたポインツをサラっとだけ書いときます。

①育成

割とヤヤコシイです。というかヤケクソ気味に育成要素盛ってます。キャラ毎に「キャラ強化」「グレードアップ」「スキルアップ」「ランクアップ」「小宇宙」「聖衣」「アビリティ」「キャラ連携」…これだけの育成要素があります。f:id:Wacky244:20180113190943p:image盛ればイイってモンじゃないと思いますが車田御大的にはやはりキャラの成長こそマスト。原作では最初はしょっぱいブロンズだった星矢も成長することで最後には神聖衣にまで上り詰めたように努力と成長は裏切らないのが車田イズム。残念ながらゲームではブロンズの星矢はどれだけ上り詰めても永遠にブロンズのままでレアリティと課金の壁は越せません。でも上り詰めたブロンズ星矢のワンパンは並みのゴールド聖闘士なんぞ秒殺待ったなし。即ちコレは「ブロンズのままゴールドを超えてみせろ」という御大からの熱いメッセージ。それこそが車田ワールドの神髄。リセマラでUR神聖衣を狙うなんて車田的には邪道。小宇宙を燃やしブロンズのまま駆け抜けろ!!

②バトル

サイドビュータイプの昭和系クラシックスタイルで基本オート進行です。f:id:Wacky244:20180113191053p:imageオートで進む地味なパンチの応酬をボーっと眺めつつ、ゲージが溜まればキャラアイコンタップで必殺技的スキル発動。するとキャラによっては気付かないくらいの地味~な必殺技(スキル)が発動してにっこり。f:id:Wacky244:20180113191123p:image(1人バグって宙に浮いてるように見えるけど実は必殺技発動中の図)

さらに別のゲージが溜まればアイコン上フリックでカットイン付き超必殺技的ムーブ(覚醒スキル)が発動。コチラは超必にふさわしくTVアニメ的派手め演出の必殺技をダミ声系原作ボイス付きで華麗に再現。f:id:Wacky244:20180113191302p:imagef:id:Wacky244:20180113191312p:imageただド派手な超必のハズなのに、どことなく「必殺技はドラゴンスリーパーです」みたいな昭和的エモさも忘れてないトコロが好印象。あと無駄に原作の再現度が高く「誰やねんオマエ?」的キャラの「何やねんソレ?」的フェイバリットホールドもキッチリ再現している点も好印象で更に加点ドン。モブ臭ハンパないファラオの必殺技なんぞ、テキトーに作っても誰も困らないだろうにキッチリと再現する原作愛には車田御大も大満足(のハズ)。ただしウチはファラオの存在なんぞ全く覚えてないので超技の再現度がどれくらいかは知りませんけど。f:id:Wacky244:20180113191408p:imageてかファラオ誰だよオマエ?

③ゲーム進行

スタミナを消費してストーリーや各種イベントを消化していくスタンダードなタイプ。ただ他のスマホゲーに較べるとイベの消化スタミナ量がキツめな感じで油断しなくても即ガス欠になります。故に序盤はストーリーを進めながらキャラ強化用のエサを集めチマチマとキャラを強化するのが吉。レベルアップでスタミナ全回復しますからスタミナ消費の少ないストーリーモードだとドンドン進めますし一応原作の展開もサラッと追えますしね。f:id:Wacky244:20180113191446p:imageシャイナさんマジエモい。

でもソレ以外のイベ等は最序盤は割と無理め。分不相応なイベにスケベ心で手を出すと、自慢のSRゴールド聖闘士がアテナの雑兵相手にワンパンで黄泉平坂送りにされ、ウチみたいにスマホの前でゲラゲラ笑うコトになるので止めておきましょう。ストーリー、各種イベ以外にも一定レベル毎に「闘技場」や「沙羅双樹」といった各種コンテンツが解放されていき、やれるコトはけっこう多目です。f:id:Wacky244:20180113195125p:imageただキャラ育成用イベの開催時間やコストがシビアだったりとガチで育成しようとすると結構石喰わなきゃダメな予感で、そこかしこに課金導線が火を噴きまくっております。マジヤバい。

④ガチャ

キャラガチャが1回600石、10連6000石で、ウチの場合無課金でデイリーやシナリオクリア報酬を集めて現在10連2回ってトコです。f:id:Wacky244:20180113195159p:imageこのゲームの場合、中学生の息子を自分の酒代のために車に突っ込ませる車田ワールドの厳しさを再現したせいか、良くある「新人応援10連無料」的甘やかし系10連はナッシン。小宇宙を燃やしながらチュートで回す1回が序盤の全て。ちなみにウチの燃やし尽くした小宇宙全開のチュートガチャではRファラオが呼んでもないのに馳せ参上。f:id:Wacky244:20180113191408p:image…だから誰だよオマエは? 

そんなファラオガチャの排出率はURが1%、SRが15%、Rが84%で最高レアは渋め。ただ基本キャラゲーですし、多分メイン戦力となるSRユニ以外のRユニでも育成次第ではフツーに使えそうなので好きなキャラで遊ぶも一興かと。もちろんガチでPvP等で上位を狙うなら高レア必須でしょうけど、ウチみたいにぬるく遊ぶ分には魔鈴さんとシャイナさんを選んで脳内百合ゴッコしながらでも全然問題ナッシンみたいですしキャラゲーとしてはイイんじゃないでしょうか。f:id:Wacky244:20180113195229p:image

あとキャラガチャ以外には『FGO』でいう礼装みたいなアイテムのアシストカードガチャもありコチラは1回200石。f:id:Wacky244:20180113195212p:imageまだ1回しか回してませんが割と強みあるアイテムもあるみたいなのでヨユーがあればコチラも回してみたい感あります。あとはお約束のフレポガチャもありますがフレポガチャでもSR排出ありますので馬鹿には出来ないですな。ウチとこのSR牡牛ちゃんはフレポ産ですしフレポマジダイジ。

 

 てなワケで少し長くなったのでこの辺にしておきますが、1週間プレイの感想はだいたいこんな感じっす。自分で読み直してみてもクソの役にもたたないどうでもイイことしか書いてませんが駄文ブログなのでそこはご容赦を。

そんな昭和系神話的スマホゲー『聖闘士星矢GS』ですが、今のトコロは車田補正でそこそこ楽しんでいるのでもうしばらくは遊んでみるつもりです。ただ同時進行で『FGO』『アイギス』『アズレン』『ブレソル』等々も遊んでおり、最近はイベ消化で胃液吐きそうになってきているので何時まで持つかはワカラナイですけど。でもなんだかんだ言いながら楽しめる出来にはなっているので、原作ファンの方ならば遊んでみても損はないと思いますよ。おススメはしないけどおススメですよ〜ん。(小宇宙燃やして3443文字)

【イカ2日記】俺たちのアサリがやってきたマン。

半月に一回くらいの更新ペースになりましたが細々とゲームの話です。相変わらずイカです。f:id:Wacky244:20171218123018p:image

ついに実装された4つめのガチマ「ガチアサリ」ですが皆様アサリってますでしょうか? ウチのフレさんズはどうやら『ゼノブレ2』や『ゼルダBotW』新ダウンロードコンテンツの方が忙しいみたいで最近はハイカライン率が減ってるようで寂しい限り。ウドンテンニはホントにオモロイ大作ゲーを連発で出し過ぎているのでもうちょい遊ぶ方の身にもなって欲しいものです。はい。

そんな贅沢なコトを思いつつ少しだけアサリってみたワケですが…楽しいけどムズイですね、コレは。他のガチマ以上に戦況把握能力や味方との連携が大事っぽくて味方との連携能力皆無のウチのようなニュービーにとってはハチャメチャが押し寄せてきてエライことになっちゃってます。

ご存じの通り「ガチアサリ」はフィールドに散らばっているアサリを10個集めガチアサリを作りそのガチアサリを相手エリアのゴールにぶつけてバリアを破壊、アサリを投げ込みまくってポインツを稼ぐアサリ玉入れゲーなワケなのですが…攻守ターンがハッキリ決まっている「ヤグラ」「ホコ」と違い「アサリ」は攻守同時進行なワケなんですよね。いわばアメフトとラグビーの違いみたいな感じ? コッチがガチアサリを作って攻めると同時に相手のガチアサリを防ぐ必要もあるワケで…この辺の戦況把握が重要感マシマシなワケなんですよ。あといくら相手ゴール前まで攻め込んだとしても肝心のガチアサリがなければバリアが割れずポイントゲッツ不可の犬死モードなので、状況に応じて自分の持っているアサリを味方にパスして味方にガチアサリを作らせる必要もあったりとこの辺の連携も重要感超マシマシ。つまりは連携超ダイジ。ホコだったらアナベル・ガトーばりに単凸トライの「星の屑」アタックも戦略として充分ありえるのですが、アサリだとガチアサリで単凸成功しても20ポイントのみ。つまりは星の屑ノット成就。100ポイントでノックアウトするにはバリア破壊中にいかに小アサリを投げ込めるか?にかかっているワケで、やっぱ味方との連携が大事になってくるんですよね。

C-ニュービーから見た役に立たないガチアサリ感はまぁこんな感じですが、とにかく目まぐるしく状況が動くルールなのでヘボバレラ―のウチにとってはちょっと厳しい感はありますね。相手のガチアサリを迎撃する分にはバレルは強ブキなんですが攻勢時に攻めあがるのがちょいムズいんですよね~。やっぱりチャージタイムがあるのでどうしてもワンテンポずれた攻めになっちゃうワケで…いっそのコト割り切って自陣~中央付近でディフェンスに徹するのもイイかな?などと考えております。あと普段はバレスピ担いでいるのですがアサリではバレデコの方が相性イイ感もありますね。スプリンクラーよりシールドの方が活用できますしスペもバブルの方が使い勝手良さそうですしね。ただバブルの有効な使い方がまだ分かっていないので色々練習してみたいと思います。

でもやっぱりガチマは苦手。遊んでいると胃がキューってなってくるんですよね…メンタル豆腐勢なので。やっぱりナワバリが気楽でイイかなぁ…でもガチマも頑張りたいんだけど…ねぇ。(1334文字)