3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない1000文字系短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

【ウォーハンマー日記】続・リーパー2号作るマン。

珍しく連続で更新です。前回エントリのリーパー2号の続きです。

今回は幽体部分のグラデ塗りとローブをやっつけてやろうとペイント開始。幽体の方は先端部分の白っぽい部分をメディウムで薄めたUlthuan Greyで重ね塗り。先端にいくに従って塗る回数を増やして濃度を調整。あと幽体部分のエッジにもUlthuan GreyとHexwraith Flameの混色をレイヤリングしてメリハリをつけた…つもりなのですがイマイチな感じに…そのあと先端を中心にUlthuan Greyで雑ドライブラシをかけてとりあえず終了。f:id:Wacky244:20190327003011j:image
f:id:Wacky244:20190327003018j:image一応、白を入れる前と比較してみたんですが…どんなもんでしょ?

あと塗りながら思ったのですが、やはり初心者のうちはプロい人のプロい作例を真似しながらペイントするのが一番良いですね。もちろん配色等は自分の好きなように楽しんで塗っちゃうべきだと思いますが、レイヤリングの塩梅やハイライトの入れ方なんかは、プロい作例の真似をする方が絶対イイ感じになると思うんですよね。目指すべきトコがわからずに闇雲に塗っていくよりも、まずは自分が「スゲェ…」と思った塗り方を真似して塗っていく。それを繰り返していくうちに、それが自分のテクニックになって作例を見なくても自然に出来るようになるんじゃないかなぁ…と。いやまぁ当たり前のコトなんですけどね。

そんなコトをボーっと思いながら、次はいよいよ鬼門のローブのレイヤリングに取り掛かります。1号の時も上手くいかなかったのがこのローブのレイヤリング。パキっとしたわかりやすい凸モールドだと、まだレイヤーやハイライトを入れやすいのですが、ローブやマントのようにゆるやかな凹凸だと、どこにどのぐらいレイヤーを乗っければイイのか、まだ良くわかってないんですよね。そんなワケでおっかなびっくりな感じでレイヤーカラーを乗せていきます。ベース色がIncubi Darknessだったので、レイヤーはStegadon Scale Greenに少しIncubi Darknessを混色したモノを凸部に塗っていきます。老眼+暗色の見にくいコンボのせいで凸部じゃなく凹部に塗っちゃったりして、ヘコみながらも一回目のレイヤリング終了。失敗した箇所をベースカラーでレタッチしたあと、Stegadon Scale GreenにUlthuan Greyを混色して明度を上げたカラーでさらにレイヤリング。最後にUlthuan Grey単色をエッジハイライト的にちょんちょんと塗って、ひとまずローブ部分が完成?っぽい感じに。f:id:Wacky244:20190327003100j:image
f:id:Wacky244:20190327003107j:image

でも塗り終えたローブ部分を見直してみると…やっぱり2号のローブもイマイチでした。モールドが多い右半身は割と見れる感じになったと思うのですが、モールドが緩やかな左半身側は、レイヤーの乗せる部分がテキトーな感じになっちゃって全然ダメでした。あとやっぱりハイライト部分のラインが綺麗に塗れていないのも反省点です。プロい人のようにスッと綺麗なラインが描けないんですよね。プルプルしたラインになっちゃうので、練習して自然なラインが描けるようになりたいものです。

ローブが終わったら、武器部分にドライブラシをかけて、本日の持ち時間終了です。あとはローブ縁のレイヤリングとガイコツ顔回りのレタッチ、土台をデコって完成の予定。あと少し頑張ります。

【ウォーハンマー日記】リーパー2号作るマン。

更新です。ウォーハンマーです。リーパー2号です。

先週は土日の休みを使い、梅田、難波で少しですがウォーハンマー用アイテムを新たに買い足しました。少しですけど。

梅田ではおなじみのヨドバシでシタデルカラーを2本(Incubi Darkness、Hexwraith Flame)購入、難波ではちょうどGWCイベントが開催していたので、そこで前から欲しかったフィギュア用の塗装冶具を購入し、ウォーハンマーなんばで梅ヨドでは品切れだったシタデルカラーのNighthaunt Gloomを購入しました。カラー3本で2.5K円はやっぱちょいお高い気もしますが、可愛いナイトホーント軍団のためなら致し方なし。コレでナイトホーント用カラーはだいたい揃いましたし…多分。

そんな感じで新たにナイトホーント用カラーも買い足したので、さっそく実戦投入してみました。

実験体はリーパー2号。前回の1号は幽体部分をシェイドのCoelia Greenshadeで塗っていったのですが、今回は買い足したHexwraith FlameとNighthaunt Gloomで塗ってみることに。イメージとしては根元?は青系で先端に向けて緑→白という風にグラデっぽい感じになればイイかな…と。

まずはCorax Whiteでサフ吹きした本体の幽体部分のゲート跡等をUlthuan Greyで修正塗り。そのあと幽体全体にLahmian Mediumで3倍くらいに薄めたHexwraith Flameをペイント。でもベースの白を活かそうとしたせいで、変な塗り残しがあったりと中途半端な塗り方になってしまって反省。まずは全体をちゃんと塗ったあとで白をレイヤー塗りした方がイイのかも…この辺は3号への課題ですね。

次に同じくLahmian Mediumで3倍くらいに薄めたNighthaunt Gloomを根元に近い部分にペイント。グラデっぽい感じになるように、薄めのカラーを何回か重ねて濃度に差をつけたつもりですが…なかなか上手くいかないですね…f:id:Wacky244:20190325201723j:imagef:id:Wacky244:20190325201730j:imageこの塗り方はウォーハンマーTVのナガッシュペイントを参考にしたつもりなのですが…難しいです…… あとHexwraith FlameとNighthaunt Gloomの中間部分には2色の混色を塗ってみたりしたのですが、こちらも上手くいかないですね…

幽体部分はこの後さらにホワイト系をのせていく予定ですが、全体のベース塗りを完了しておきたかったので、先に他の部分の塗装に入ります。ローブ部分は1号ではAbaddon Blackで塗ったのですが、今回はIncubi Darknessで塗装。f:id:Wacky244:20190325201803j:imagef:id:Wacky244:20190325201757j:imageパッと見わかりにくいですが、Abaddon Blackより少し青っぽくなり良い感じかも?他に鎌の刃部分とチェインアーマーの鎖部分、土台の柵部分をLeadbelcher、鎌の持ち手部分をDryad Bark、ローブの縁をDoombull Brownでベース塗装。銀部分にReikland Fleshshade、鎌持ち手とローブ、ローブ縁にNuln Oilでシェイディングして本日の持ち時間終了。f:id:Wacky244:20190325201909j:imagef:id:Wacky244:20190325201917j:image

1号と比較すると、幽体部分の配色を変えたので少し華やかな感じになった気がしますね。f:id:Wacky244:20190325201933j:imageリーパーが華やかになってどうすんだ?的な感じもありますが、配色自体はなかなか気に入っています。ゆくゆくはもっと「発光!!」しているような感じで塗りたいんですけどね。あとは、レタッチしてから全体にレイヤリング、ハイライトを入れて完成の予定です。

2号が完成したら、残りのナイトホーント族は28体。同じ種族なので全体的な統一感は残したいですけど、1体1体色々考えながらペイントしていきたいですね。とりあえずは2号を完成させてからですけど。

【ウォーハンマー日記】『テンペスト・オヴ・ソウル』買ったマン。

更新です。ウォーハンマーです。

前回、ナイトホーント軍団のグリムギャストリーパー1号を作りましたが、アレで火が付きました。ナイトホーントをもっと集めたくなっちゃったんですね。

今、私の手持ちのナイトホーントはグリムギャストリーパーセットに入っていたリーパーさんが10体。私はプレイはせずにペイントだけしてニヨニヨしてる塗り専なので、正直色んなユニットを集める必要はないのですが、リーパーを1体塗ったら他のユニットも欲しくなったんですよね…まぁリーパーばっかり10体塗るのも切ないですし。

そんなワケで購入しちゃいました。『テンペスト・オヴ・ソウル』を。f:id:Wacky244:20190323214130j:imageヨド通販で10パー引きくらいになってましたし、ヨドポイント13パー期間でしたので。はい。

この『テンペスト〜』は「秩序」陣営の金ピカマンが12体、「死」陣営のナイトホーントが20体の計32体が入ってるお得セット。他にもルールブックやダイス、メジャーなども入っていて、コレ1つでゲームがプレイ出来るスターターセットなんですね。f:id:Wacky244:20190323214153j:imageまぁプレイはしないんですけど(2回目)

このデカめの着弾で、我が家の塗り待ちユニットはセラフォンスタコレにグリムギャストリーパーズ、テンペスト・オヴ・ソウルとブリスターが2つに増加。結構な量になってきたので、そろそろ新しいフィギュアを買うのはやめて、積みユニットの塗りに専念したいと思います。と言っても、気に入ったフィギュア見つけたら結局買っちゃうんですよね…趣味人の業は深い…ですよね…

【ウォーハンマー日記】グリムギャストリーパー作るマン。

更新です。ウォーハンマーです。

最近はセラフォンばかり組んでおり、延々と続くウロコ塗りにちょっと心が折れそうになってきたので、去年買ったまま机の上に積み放置されていたグリムギャストリーパーズに挑戦するコトにしました。f:id:Wacky244:20190318215900j:image

このグリムギャストリーパーさん、去年登場した「ナイトホーント」という新しいデス陣営種族の一員で、ビジュアルとサイズとお値段から想像するに、たぶん雑魚A的モブい存在だと思うのですが、死神っぽい幽霊というデザインが超クールで、ついつい買っちゃったんですよね。お金無かったのに…

そんな超クールなリーパーさん、組み立て自体は超簡単。パーツ数が5個くらいなので組むだけなら一瞬で終わります。私が買ったリーパーさん10体セットは要接着剤モデルだったのですが、シタデルフィギュアらしいバチピタ感で、モナカ割り成型の合わせ目もそんなに気にならない素晴らしい出来でした。

シタデルフィギュアを作るたびに思うのですが、本当にモールドの素晴らしさには毎回ため息が出ますね。今回のリーパーも小サイズフィギュアながら、波打つような躍動感あるローブの成型や、そのローブの裾や破れからチラっと見えるチェインアーマーの鎖のディティールなんか惚れ惚れしました。ふぅ。

そんな感じで、ひとしきり眺めてうっとりした後でいよいよ制作開始です。

まずは下地としてCorax Whiteをランナーに吹いて下地塗り完了。f:id:Wacky244:20190318215942j:imageいつもは黒サフを吹くのですが、今回は亡霊系ということで白サフにしました。霊体部分はこのままCorax Whiteを使うつもりなので。

サフが乾燥したらチョッキンパチパチで組み立て開始。最低限のゲート跡処理とパーティングライン処理をして組み立ても完了。f:id:Wacky244:20190318220011j:imageせっかく吹いた白サフもだいぶ削っちゃいましたが見なかったコトにして塗装開始。

まずは霊体?部分全体に薄めたCoelia Greenshadeを塗り、Celestra Grey→Ulthuan Grey→White Scarで3段階ドライブラシ。末端部分に向け徐々に白っぽくなるようにドライブラシを重ねてみました。本当はベースを2~3色くらいで塗って、中間部分を混色で塗ってグラデっぽくしたかったのですが、最初の1体目ということで簡単塗装で仕上げてしまいました。はい。

ローブ部分はAbaddon Blackでベース塗りした後に、凸部にSotek Greenでレイヤリングして、最後にSotek GreenとUlthuan Greyの混色でハイライトライン塗り。相変わらずライン塗りが下手で綺麗なラインが引けずにヘコみます…

骸骨フェイスと骸骨アームは、グレイズのGuiliman Blueを入れたあとにUlthuan Greyでドライブラシ。うっすら青いホネホネを表現したかったのですが…全然でした。

チェインアーマーと鎌の銀部分はLeadbelcherでベース塗り→Reikland Fleshshadeでシェイディング→Stormhost Silverのドライブラシで古びた金属っぽく塗装。こちらはまぁまぁの出来でした。

最後にローブ縁部分をDoombull Brownベース塗り→Ulthuan Greyとの混色で明度を上げてレイヤリング、鎌の柄部分をDryad Barkベース塗り→Gorthor Brownのドライブラシで塗装し、ひとまず完成。翌日は仕事なのでココまでで作業終了。f:id:Wacky244:20190318220051j:imagef:id:Wacky244:20190318220058j:imagef:id:Wacky244:20190318220106j:image

あとははみ出しや塗り残しのレタッチ中心に塗り足していき、土台に接着して完成って感じですかね。

このグリムギャストリーパー、私が今まで作った中では、ストームキャスト、セラフォンに続いて3種族?目のフィギュアになるのですが、幽体部分のグラデやローブ部分のハイライト等、今までのフィギュアとは違う塗り方を考えたりして、けっこう楽しいですね。

まだまだあと9体残っているので、残りのリーパーちゃん達も、配色やグラデ塗り等、色々挑戦しながら塗っていくつもりです。楽しみ〜。

【ガジェット日記】『iNSPiC』買ったマン。

更新です。今回は珍しくガジェット系です。

先日、梅田のヨドバシに行ったときに、Canonスマホ用ミニフォトプリンター『iNSPiC』を購入しました。f:id:Wacky244:20190311220009j:imageまぁ正確には嫁が購入したのですが。

この『iNSPiC』、ご存知の方も多いと思いますが要は「シール製作機」で、スマホで撮った写真をカードサイズのシールとしてプリントアウト出来るおもしろアイテムなんですよね。

前々から撮った写真を名刺サイズくらいでプリントアウトして、手帳に貼ってみたいなぁ…的なコトを夫婦で考えており、ちょうど良いアイテムを探していたのですが、結局、嫁がネットで見かけて気になっていたコイツを購入することにしたワケです。値段も15Kくらいで割と手頃だったので。

で…実際使ってみたのですが、使い方は至極簡単でした。スマホに専用アプリをインスコした後、ブルートゥーススマホとペアリングすれば準備OK.。あとはアプリ上で写真を選びプリント指定するだけで、マシンが「ジジジ…」と苦し気な音を立てながら写真を吐き出します。1枚プリントするの50秒ほどかかり、写りもまぁそれなり…って感じですが、個人的には全然及第点あげれるアイテムかな?と思っています。

個人的に気になった点を簡単に列挙するなら…

  • 1枚あたりのコストが約40円強かかる。まぁ同じような機器ではコスパ的には優れてるらしいんですが、人によっては「高い」と感じるかもですね。
  • 画質はぼちぼち。正直画質に過度な期待は禁物です…そんな人はあんまりいないと思いますが。それなりに綺麗にプリント出来ますが、やっぱり白トビや黒ツブレはかなり目立ちますね。
  • バッテリーはフル充電(90分ほど)で約20枚プリント可能。そんなにガシガシプリントするもんじゃないと思いますが、ガシガシしたい人は要注意です。20枚でガシガシ終了します。

…こんなトコくらいですかね。

ただ、画質に関して言えば、ガチでプリントしたいのだったら家電屋のプリントマシンでL版プリントでもしますし、最初に言ったように、備忘録や思い出的に手帳にミニ写真を貼りたいだけなので、そういう用途なら画質的に十分使えるアイテムだと思っています。

またコストに関しても、1日1枚プリントだったら1ヶ月で約1200円ちょい。これまた全然気にならない感じです。充電についても、帰宅してからプリントするので特に問題なし。そういうワケで私のような使い方をする分には特に問題なく、割と重宝しそうな予感がします。

スマホのペアリングが1台しか出来ないので、複数人で使い回しする時は、ペアリング解除して接続し直さなきゃならないのがちょいメンドイですが、それくらいは仕方ないかな…ですね。

何はともあれ、コレで私の白紙手帳も少しは華やかになる……とイイんですけど。どうなることやらです。でも結構楽しいですよ。f:id:Wacky244:20190311223225j:image
f:id:Wacky244:20190311223215j:image

【ゲーム日記】『ポケ森』再開したマン

更新です。ゲームです。スマホゲーです。

2017年11月にリリースされたニンテンドースマホゲー『どうぶつの森ポケットキャンプ』、いわゆる『ポケ森』さんを、一度アンスコしたのですが最近になって再開しました。f:id:Wacky244:20190304184843p:image

私は『ぶつ森』(ちなみに略称は『ぶつ森』派です)自体は初代から歴代シリーズを全作遊んでおり、この『ポケ森』ももちろんリリース日にマッハでインスコ。でもって最初は楽しくプレイしていたのですが、結局キャンパーレベル40くらいで辞めちゃったんですよ。

その理由は「全然スローライフじゃなかったから」。

これについては色んな人の色んな言葉でさんざん語られてきたコトだと思いますが、『ぶつ森』の魅力ってやっぱり自分のペースで好き勝手に遊べるスローライフ感だったんだと思うんですよね。自分が能動的に動いても動かなくても変わらず世界は進んでいく。「自分が世界の中心」ではなく「自分も世界の一部に過ぎない」というゲーム。だからこそ変な義務感やノルマに縛られずに好きなようにのんびり遊べた…それが『ぶつ森』の基本コンセプトで「『ぶつ森』ならではの良さ」だと私は思っていたワケです。

でもスマホでリリースされた『ポケ森』は、そのコンセプトと真逆な作品だったんですよね。主人公たる自分には「キャンパーレベル」というレベルが設定され、そのレベルを上げるコトで、森に訪れる住人(キャンパー)や作れる家具が増えていく…というゲームデザインに変更されました。要するに…「レベルを上げないと出来るコトが増えない」。

でもってそのレベルを上げるためには住人のお願いをこなしポイントを稼ぐ必要があるワケです。先ほどの言い方をするならまさに「自分が世界の中心」で、自分が頑張らないと世界が広がらないゲームになってしまったのです。

ここにきてノンビリ気ままに過ごすスローライフは彼方に消え失せ、エコノミックアニマルとしてノルマ達成のために、ひたすら果物や貝殻を採取し、虫と魚を乱獲し、それを住人に送り続ける…という中世英国炭鉱夫ばりの過酷な労働生活を強いられるコトとなったのです。さらばスローライフ。こんにちはスレイブリーライフ。

そんなスレイブリーライフに疲れちゃってアンスコしちゃったのですが、私のTwitterランドのTLには、そんなことなんて全然気にせず、楽しく遊び続けてる古強者勢が何人もいて、それを見ているうちに無性に再開したくなって再びインスコしたってワケです。

で、10か月ぶりくらいに再開したのですが…めっちゃくちゃ遊びやすくなっていてビックリしました。もちろん基本のゲームシステムは同じで相変わらずの労働生活なのですが、遊ぶ上で色々不便だったトコロが軒並み改善されていて、とても便利で遊びやすくなっているんですね。

例えば、以前なら住人のお願いを聞くためには、その住人がいるエリアまでいちいち移動し、住人に話しかけならず、このルーチンワークがかなりのストレスになっていたのですが、今ではみんな大好き「ぺりお」が登場し、ぺりおが代わりに全部届けてくれるんですよ。画面の吹き出しをぽちぽちタッチしていくだけで全エリアのお願いがすんごいスピードで解決していき、ノンストレスで全依頼が終了。こんなに便利になってイイの?ってくらい快適になっています。他にもUI関係等ビミョーにストレスが溜まっていた箇所も改善されていて、とにかく「別モノ?」ってくらい遊びやすくなっているんですよね。

正直、ルーチンワークがマッハで加速していって、更にスローライフから離れていっちゃったよね…感もありますが、「コレはコレだよね」と割り切れれば「全然あり」だと思います。制作側の変なコダワリやプライドで不便を強いるよりも、ユーザーが遊びやすくなる方が絶対良いと思いますし。

そんなワケで再開後は、『ポケ森』キャンプライフをかな~り楽しんでいます。残っている一番の不満は、初代『ぶつ森』時代から大好きだったキャビアがなんかブサイクになっちゃってるコトですが、f:id:Wacky244:20190304185022j:image代わりにチョコが可愛すぎるのでまぁ良しとします。f:id:Wacky244:20190304185042j:imagef:id:Wacky244:20190304185101j:image

アプデを重ねてとても遊びやすい作品に生まれ変わっているので、リリース直後に遊んだけど、めんどくさくなって辞めちゃった人はもう一回遊んでみるのもありだと思いますよ。チョコめっちゃ可愛いですね。f:id:Wacky244:20190304185141p:image

【ウォーハンマー 日記】ザウルスナイト2号完成だマン。

めちゃ久しぶりの更新です。ウォーハンマーです。

一時期は放置気味だったウォーハンマーフィギャーですが、最近になってちょこちょこっと再開し始めました。セラフォンのスタコレを購入してすでに1年くらい経つのに、塗り終えたのはザウルスウォリアー4体とザウルスナイト1体の計5体だけ。自分でもびっくりするくらいのスローペースですが、やっとザウルスナイト2号が完成しました。f:id:Wacky244:20190226195535j:image
f:id:Wacky244:20190226195543j:image
f:id:Wacky244:20190226195554j:image
f:id:Wacky244:20190226195549j:image

ザウルスナイト1号から大して進歩もしていませんが、盾だけは今までで一番上手く塗れたんじゃないかな…と思っています。

今回はオールドワンの方は緑×赤の配色に挑戦。最初は背中のウロコ部分を赤と緑のツートンカラーで塗り分けていたのですが、塗り終わるとヤバい伝染病に侵されたみたいで超モイキーになっちゃったので、塗り直してウロコ部分は全部赤で統一しました。相変わらずレイヤリングやエッジ塗りが汚くてヒドい出来で凹みますね。

騎乗しているせらぽんはいつものように青×赤の配色です。毎回同じで芸が無いですが「背中の赤は強者の証」みたいなワッキー的ルールがあるので、残りのザウルスナイトも多分同じ配色になると思います。ちなみにもっと強い個体になると背中が黒になる予定です。どうでもイイですね。

相変わらず上手く塗れない鬼門のレイヤリングですが、ウォーハンマーTVやせなすけさんの動画を観てると、やっぱりカラーの濃度調整が重要みたいですね。私はどうもまだまだ濃度が濃いみたいで、レイヤーカラーの境界線がハッキリしちゃって綺麗なグラデにならないんですよね。

盾の塗り方はその辺を意識して、ベースカラーとレイヤーカラーを混色しながら、4段階くらいに塗り分けてみたつもりなんですが、やっぱり綺麗なグラデには程遠いですね…

でも最初の作品に比べたら、少しずつですが上達してる実感もあるので、色んな動画や作例を参考にしながら頑張って塗っていく所存です。なによりペインティング自体が楽しくて仕方ないですし。ウォーハンマー最高ですわん。

【ウォーハンマー日記】ザウルスナイト1号完成だマン。

更新です。例によってウォーハンマーです。

ちまちま作っていたセラフォンのザウルスナイト1号がとりあえず完成しました。

正式名称はザウルスナイトなのかコールドワンなのかよくわかってないですが、とりあえず完成です。ウォーハンマーのユニットは種類が若干ややこしい感あるので、そろそろセラフォンのコデックスかバトルトームが欲しいトコロですが、日本語版あるんですかね~? 英語版なら梅ヨドで見たことあるんですけど…

そんなザウルスナイトと思われるユニットの完成したヤツがコチラ。f:id:Wacky244:20181209203846j:image
f:id:Wacky244:20181209203851j:image
f:id:Wacky244:20181209203857j:image
f:id:Wacky244:20181209203907j:image

正直、レイヤーやエッジハイライトの塗りがダメダメ過ぎてヒドイ出来ですが、それでも自分で塗り上げたフィギュアなので割と気に入ってます。今回は御覧のとおり、コールドワンは緑単色、騎兵のザウルスナイトは青×赤で塗ってみました。

塗ってみて思ったことは「やっぱりレイヤリングが難しい」…ってコトですね。

顔や背中の角?部分のように、モールドがハッキリしている部分は、どこにレイヤー塗りすればイイのかわかりやすいのですが、上腕部や大腿部のように筋肉がゆるやかに隆起している場所は、どのようにレイヤリングすればイイのか全然わからないんですよね。

YouTubeで『ウォーハンマーTV』チャンネル等を観て勉強はしているのですがなかなか…コレばっかはテキトーに数をこなしても上達しない気がしますし、プロい作例を観るなりして、自分なりに目標や仮説?を立てながら塗っていかないとなぁ…と思っています。

そんなワケでザウルスナイト2号を現在塗装中。少しずつでイイので上達していきたいですね。はい。

【フィギャー日記】コールドワン始めましたマン②

更新です。ヲーハンマーです。トカゲです。

前回からしばらく期間が空いちゃいましたが、その間にチマチマとコールドワンの塗装を進めていました。

まずは下地塗りですが、いつも使っているシタデルの黒サフ缶の残量が少なくなってきたので、以前購入したファレホの黒サフプラを使ってみました。f:id:Wacky244:20181112211209j:imageこのサフプラ、本来はエアブラシ用らしいのですが、ウチはエアブラシを持っていないので筆塗りで使用。今回は希釈なしで使用したのですが、ちょっと失敗して細かいモールドが埋まった感あるので、もう少し希釈して使った方がイイかもですね。反省点。

黒サフプラが乾燥したら、いよいよベース塗り開始です。まずは腹部からスタート。白っぽいイメージなので、ベースのZandari Dustを塗っていきます。ついでに牙、爪も同じZandari Dustでベース塗り。どうせあとからレタッチして修正するので、割とテキトーにはみ出しやら気にせず塗りたくります。f:id:Wacky244:20181112211243j:image

腹部と牙、爪が終わったら、メインの体色のベース塗りです。とりあえずスタコレ箱の作例通りに緑系で塗ることにしたのですが、細かい配色がわからなかったので、シタデルアプリで緑系のカラーチャートを確認。一番ベーシックなWaaagh! Flesh(ベース)→Biel-tan Green(シェイド)→Warboss Green(レイヤー)の組み合わせで塗ることにしました。

腹部同様、ウェットパレットに塗料を取り、水で薄めて全体に塗っていきます。組んでからの塗装なので、腹部側や四肢の内側にはなかなか筆が入らず、若干イラつきながらも塗装終了。f:id:Wacky244:20181112211337j:image
f:id:Wacky244:20181112211343j:imageシタデルフィギュアって躍動感ある造形のせいか、けっこう筆が入りにくい箇所があり毎回どこかしら苦労するんですよね。だからパーツによってはランナー状態で塗った方が楽チンな気もしますが、プロい方々の作例見ても皆さん組んでから塗装しているんですよね。よくあんなトコ綺麗に塗れるなぁ…と毎回感心しております。

身体のベース塗りの次は装飾品のベース塗りです。装飾品部分は「金の装飾具」と「鞍」と「革帯」の 3つ。それぞれの部分を金、赤、茶で塗っていきます。これで一通りのベース塗りが完了。f:id:Wacky244:20181112211421j:image
f:id:Wacky244:20181112211414j:image最後に全体のはみ出し部分や塗り残し部分をチェックし修正。

ベース塗りが終われば次はシェイディングです。緑部分はBiel-tan Green、金はReikland Fleshshade、爪牙はSeraphim Sepia、赤の鞍はCarroburg Crimson、茶色の革帯はAgrax Earthshadeでシェイディングします。写真じゃあんまりわかりませんが、一応シェイディング後はこんな感じです。f:id:Wacky244:20181112211506j:image
f:id:Wacky244:20181112211512j:image爪部分をちょっとやりすぎちゃって、シェイド色に変色しちゃったのが反省点ですね。毎回やっちゃってますが…

シェイドまで終われば、あとはレイヤー塗り、つまりはレイヤリングですね。ウチが毎回失敗する鬼門ポイントです。本当はレイヤリングの前に、シェイドで暗くなり過ぎたベース色を塗り直すのですが、今回は省略して即レイヤリングにいきました。こういうトコがダメなんですけどね…

エッジ部分等の光が当たりそうな箇所を中心に、細面相筆でレイヤーラインを引いていくのですが…相変わらず綺麗にラインが引けない…f:id:Wacky244:20181112211645j:image
f:id:Wacky244:20181112211638j:imageあとレイヤーカラーの希釈具合がわからずに、境界線クッキリハッキリのへたっぴレイヤリングになり、ヤル気ゲージが大幅ダウン。プロい趣味人の作例だと、綺麗なグラデっぽいレイヤーになっているのですが、自分で塗ると線はガタガタだし色の乗り方も変だし…で上手くいかないんですよね。まぁこの辺は練習あるのみですね。模型雑誌で作例を作ったりされているプロ趣味人のきたやまサンも「綺麗なライン引きは練習あるのみですよ」と仰ってましたし。

ここまでで一通りの塗装は出来たのですが、全体が大人しい感じだったので、最後に緑の体色部分にエッジハイライトを乗せてみたのですが…やはりレイヤー同様上手くいかないですね。f:id:Wacky244:20181112212049j:image
f:id:Wacky244:20181112212058j:image見ての通り、光源を意識せずに雑に塗ったせいで違和感だけが目立つ結果に。でも「この失敗を次の作品に活かせばイイかな?」とポジティブシンキン的なヤツで、このままにしておくことにしました。

あとは馬上ならぬ竜上の騎手トカゲを作って合体させれば完成!! なのですが、こちらはまだランナーにくっついたままの状態。完成まではまだ少しかかりそうですが、毎日少しずつでも進めていきたいですね。はい。f:id:Wacky244:20181112211833j:image

【フィギャー日記】コールドワン始めましたマン。

更新です。ウォーハンマーです。

ハロウィンシーズンということもあり、各ソシャゲのハロウィンイベてんこ盛りで可処分時間の減りがマッハですが、その合間を縫ってせらぽんのコールドワンを組みました。…「組みました」と言っても総パーツ数5のキットなんですけどね。

ただパーツ数5と言っても、今まで組んできたザウルスウォリアーと違って頭部と胴体が最中割り。つまりは場合によっては合わせ目処理が必要になってくるワケで少々厄介なキットになっています。最中割りなのでデコのど真ん中に合わせ目がきてますしね。

シタデルフィギュアは超精巧なディティールが特徴なのですが、最中割りの場合、この超絶ディティールが逆に合わせ目処理の難易度を上げてる感じなんですよね。しわ等の細かいモールドがあるのでテキトーにヤスると全部消えちゃうので…

その辺を考えながら、とりあえずはランナーから切り離しパーツの合いを確認。幸いなことにシタデルフィギュアは割とバチピタ系なので、目立つ合わせ目はなさそうで一安心。そのまま流し込み系接着剤でパーツを接着し、デザインナイフで目立つパーティングラインだけ削り組み上がり。ゲートがめちゃ太なのでゲート処理が少し面倒でしたがデザインナイフとヤスリでなんとか整形。このゲート周りなんかは国産モデルとの違いを感じますね。

そんな感じで、とりあえずは2体分組みましたが…この段階ですでにめちゃカッコ良いですね。f:id:Wacky244:20181029122606j:image頭部はある程度自由な角度で接着できるのもグッドポイント。同じような姿勢でも頭部の向きが違うだけで、全然違う印象になりますしね。

あとはお楽しみの塗装タイムですが、まずは箱絵を参考に塗ってみるつもりです。スタコレにはコールドワンも数体入っているので、何体かは少し違う配色にしてみたいのですが、最初は見本に忠実に…ですね。頑張って塗りますよ~。