3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

『ARMS』でマミー生活始めたマン。

ご無沙汰です。気温の上昇とともにHPとヤル気ゲージがガリガリと削られていき、いつも以上に自堕落なエブリデイ&ホリデイを過ごしております。夏ニガテなんですよね~。

そんな中…自堕落ホリデイを更に自堕落にするためにニンテンドーSwitchちゃんの『ARMS』を購入。こないだの週末はチマチマチマチマ遊んでおりました。この『ARMS』、やたらとシャレオツなCMが大量投下されているので皆様すでにご存じかと存じますが、いわゆる格闘ゲーム「格ゲー」ってヤツですね。オーオーオオー♪

とりあえず持ちキャラは重量級投げマンのマスターマミーさんを選んで頑張っておりますが、中々に苦行ロード感がありすでに若干凹んでおります。ガチ熱帯のランクマッチに参戦するには一人用の「グランプリ」モードのランク4をクリアする必要があるのですが…コレが相当の難易度で「素人がランクマ挑戦とか100年早いわ!!」というニンテンドーからの熱いメッセージを感じずにはおれません。生半可な覚悟では「俺より強い奴に会いにいく‼︎」ことすら許されないウェイストランド感がプンプンしており思わず半笑いを浮かべてしまいましたわ。このグランプリ…ランク3あたりからヤバくなってくるんですが、ランク4からはマジで相手から殺意の波動が漏れ出る難易度で久しぶりにコントローラーを投げそうになりましたわ…ホント。

そんな感じの極悪グランプリランク4をコンティニューの嵐で何とか突破して、やっとこさランクマに参戦出来るようになったトコロで昨日は終了。ウチはイイネ持ちじゃなくてパッド派なんですが、それでもガード時のスティック押し込みの多用で左てのひらがプルプルしてくるんですよね…そんなワケで長時間のプレイがキツいんですよ…相当集中してプレイしなきゃダメですし。ジジイにはなかなかツラいゲームですわ。

とまぁそんな感じで二日間くらいしか遊んでないのですが、現段階での各キャラの感想をマミーマン(カタツムリ級)の立場でさっくり申し上げますと…

①スプリングマン(バネ男)

今のトコロは運良くそんなに出会ってない印象。でもおそらくは最強キャラの予感。とにかく体力1/4時の常時チャージ化がヤバいと思います。通常パンチでも属性のるとかマジヤバいっす。多分手がつけられないんじゃないかなぁ…マミーで勝つのは諦めた方がイイ感じかも。あと前髪がキモいです。

②リボンガール(リボン)

たまに見かけます。ヒロイン枠のハズだけどラーメンと尻に食われてる予感。特性は多段ジャンプだけど正直ほとんど戦ったコトないのでよく分かんないです。とりあえず両手ビッグパンチでノーチャージでひたすら殴ってたらぶっ飛んでいきました。今のランクだとまだ多段ジャンプを有効活用している人少ない感じですからポテンシャルはワカランです。

③ニンジャラ(ジャラ男)

イナゴなみに異常発生してます。とりあえずランクマでもジャラ男ばっか出てきます。嫌いです。ガード時と空中ダッシュ時が自動ワープなのでとにかくチョコマカと動くので割と虫っぽくて嫌いです。あと低ランクだととにかく間合いを詰めてきてジャンプ→投げしかしてこないバッタマン族がめちゃんこ多くて嫌いです。マミーだとわかっていても投げ避けがキッツいのでバッタマンは嫌いです。バッタ投げはアームをバーチカルにすれば対応できるらしいのですが、基本両手ヘビーパンチ派だからジャラ男は天敵で嫌いです。つまりは嫌い。

④ミェンミェン(ラーメン)

ちょくちょく見かけます。特性としてはバックダッシュと空中ダッシュ時にキック発動で相手のパンチを落とせるらしいですが、今のランクだと使いこなしている人はいない感じです。でも長チャージで常時左手がチャージ状態になるのがズッコイです。ちなみにドラゴンアームはまだ慣れていないせいで割とワカラン殺し喰らうので嫌いです。でも可愛いからそんなに腹立たないです。コレがジャラ男だったらキレそうなんですけどね。とりあえずドラゴンモードに可能性を感じる可能性の獣的キャラ。

⑤メカニッカ(ロボ子)

懐かしの未来少年コナン系ドラム缶ロボに乗ったロボガール。特性はジャンプ時にホバー挙動が可能なコトで遠くでポポポポ…とホバー移動しているのを見ると癒されます。あと重量級キャラなのでスパアマ装備族ですね。わりと人気あるみたいでパーティだとよく見かける…気がします。対戦時は…とりあえずハンマーの挙動が嫌いです。というかハンマーの記憶しかないです。多分ハンマーが本体。ハンマーVSヘビーパンチの泥試合がシンドイでっす。

ツインテーラ(尻)

チャージでオーラが発生し範囲内の相手のパンチがスローになるというよくワカラン設定の尻キャラ。実はこのキャラだけ未だに対戦経験0なんですよね。けっこう人気あるらしいんですが不思議とこの尻だけはまだ当たったコトがないワケで…当然感想も尻以外ナッシンです。以上。

⑦DNAマン(DNA)

ほとんど使い手がおらず既に絶滅危惧種の風格が漂うDNAマン。まさに「どこかで無くしたアイツのアイツ」感MAXで対戦出来たらそれだけでラッキー☆…感あるレアキャラ。特性は「のびーる」と「ちじーむ」(仮称)。ジャンプ押しっぱで「のびーる」、ダッシュ押しっぱで「ちじーむ」状態になり華麗に相手の攻撃を躱す…らしいです。まぁそんなに華麗に躱せるのはCMのあのイケメンくらいで大抵はボッコボコにされて散っていくみたいです。でもたまにちじーむ状態で相手のパンチを避けながら凄いスピードで移動しているDNAマンもいてなんちゅーか…とても気持ち悪かったです。はい。

⑧バイト&パーク(ロボ&わんわんお)

ロボとお供のわんわんおのコンビキャラ。わんわんおは勝手に動きたまに攻撃してきやがります。つまりはファンネルみたいなモンですな。慣れない内はロボ両手とわんわんの3連アタックでワカラン殺し的にボッコボコにされます。あとパネルアタックではめちゃんこ強い予感がします。ただ現状では弱キャラ扱いらしくほとんど見かけるコトがない可哀そうなヤツらです。

⑨キッドコブラコブラ

ゆーちゅーばー系シャレオツスピードキャラ。使いやすさとカッチョ良さでジャラ男なみに大量発生しており要注意です。素早いジャンプ、特性のチャージ状態からの高速連続ステップと小気味よく動くキャラで使っていて大層気持ちイイことと存じます。しかしマミー側からすると戦いにくいコトこの上なし。あと投げダメがマミーに次ぐ170ダメで地味に投げも強いです。でも一番言いたいことは固有ステージのクソさ加減。あのコマステージだけは面白さが全くわかんないです。アプデで消えた方がみんな幸せになると思います、マジで。

⑩マスターマミー(マミー)

我が愛しの推しキャラマミーさん。特性はスパアマとガード時の体力回復。ガッチガチにガードを固めて体力回復しながら投げを誘いカウンターをとる「ガン待ちマミー」が多いせいで相当にヘイトを集めてますが、「移動遅い」「ジャンプ遅い」「ステップ遅い」「当たり判定デカい」とヘレンケラーもビックリの四重苦状態で亀にならざるを得ない…ってトコもあるんですよね。格ゲーのパワー系投げキャラって豪快に見えて実はベリー繊細な立ち回りと操作とニュータイプ的勘が要求されるのですが、このマミーもやはりそうでした。「とりあえず投げとけ~」的ムーブだと瞬コロ待ったなし…なデリケートキャラなので正直おススメはしません。でも両手ビッグパンチ装備のマミー同士の戦いは格ゲー史上に残る塩試合になるので一見の価値あり。でもやっぱりおススメは…しないなぁ。

 

 …てな具合にさっくりとテキトーに書いてみましたが、今のトコは各キャラだいたいこんな感想ですね~。ただこのゲーム、キャラ固有の特性も大事ですが、それと同じかそれ以上にアームの選択が重要になってきますので、全アームが解放されないとキャラの真価はワカンナイ気はしますね。ガチのランクマあたりではアーム選択によるメタ的な駆け引きも大事になってくるでしょうし。

そんなワケで…とりあえず今はマミーの全アーム解放のためにマニーを稼ぎながらチマチマと遊んでおります。でも正直マミーの明日があんまり見えてこないので誰か上手い人にグッダーなマミーの使い方を教えて欲しいトコロです。…ホントにマミー…キツいんよ…タスケテ‼︎(3438文字)