読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

HGドーベンウルフ③ ドッティングマン。

自己満のためにひっそりおこなっている「ガンプラを塗装なしでカッチョよく作る」計画ですが、ウェザリング段階まできてやっと「ここまでやるなら塗装した方が良かったじゃーん」というコトに気づいてしまいました… しかーし、今更塗装など出来るワケもなく、とりあえずガトーなみに駆け抜ける所存です。つら。

気を取り直して今回は「ドッティング」ってヤツに初挑戦。
AFVモデルで使われてる「退色表現」のウェザリングですね。まぁこのドッティングって名称、よくは知りませんが某雑誌あたりが使い始めたみたいで「ダイオラマ」同様その筋の古参衆にはウケが悪いみたいですが、なんとなくカッチョイイので使っちゃってます。レッツドッティング~。

方法は簡単。キット表面にドット状に塗料を乗っけて、それを溶剤で軽く拭き取っていくって感じですね。拭き取る際にうっすらと塗料の跡が残ることによって、表面色の情報量が増えて何となくソレっぽく見えるって寸法です。…多分。
てなワケで早速挑戦。ネットで調べると基本的には油彩系塗料を使うコトが多いみたいですが、手元に油彩系が無かったので水性アクリル系でやってみました。…多分コレがアカンかったんですね…はい。せめてエナメル系でやるべきでしたわ。後の祭りですが。

f:id:Wacky244:20160404140655j:image
初めて挑戦するので塩梅もわからずテキトーに塗りまくるの図。
この辺りですでにアカン感じがプンプンしてますがとりあえずドットしまくります。軽くグロ画像になりましたわ。きんもー。
このドッティングってヤツは「何色で」「どこにのせるか?」がキモっぽいのですが、よくワカランのでネットの作例を真似してテキトーに4色を乗せまくってます。この時点では後の失敗も知らずにノリノリでやってました。バカですねぇ…ふぅ。

でもって全体にドットのせたら、次は拭き取り作業開始。当然全部拭き取ってはダメですし逆に残りすぎてもダメ。うっすらと「何か跡があるなぁ…」くらいが丁度いいワケなんですが…コレが大失敗。まずアクリル系溶剤で拭き取ってみたのですが上手く塗料が落ちない。ドットが乾きすぎたせいかワカリマセンがとにかく上手く落ちない。ここで「ムッキー!!」となったワイ、いきなり最終兵器ラッカー系溶剤を投入。…ナンテコッタ!! ガッデーム!! 今度は塗料が落ちすぎやがるぜ… 
まぁサイッキョのラッカー系を使えば当たり前のコトなんですがドットが奇麗に消えていきます。あとどうも拭き取り時に平筆を使ってたのですが溶剤をつけすぎてたみたいで、4色が混ざり合ってただの黒色に… 結局、ドッティングとは似ても似つかぬ黒く汚れたドーベンウルフが顕現することに。つら。

f:id:Wacky244:20160404140752j:image
f:id:Wacky244:20160404140812j:image
…ドッティングっていうよりなんちゃってチッピング…

でもやり直すってワケにもいきませんので、このまま次のウォッシングに進む予定。今の段階ですでにやり過ぎ感満載のコキタナイ感じになっちゃってますが、とにかく前進あるのみ。この反省はHG馬キマリスに活かされる…ハズ… 
f:id:Wacky244:20160404140933j:image