読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

1/48シャーマンファイアフライ買ったマン。

プラモ
ガルパン」に「WoT」と世はセンシャ真っ盛り。源文センセも予想だにしないセンシャ推しムーブメントが来ちゃってまさかの池上遼一ガルパンまで顕現する異常事態ですが、ウチも「乗るしかない、このビッグウェーブに」ばりにセンシャしてますよ、センシャ。基本、雑でヤらしいミーハー根性丸だしのオッサンなので流行りにはグイグイ乗っかっていくスタイルなんすよ。ぱんつぁーふぉー!!

てなワケで、劇場版「ガルパン」では嫌がる嫁ちゃんを無理やり連れていき仲睦まじくセンシャ鑑賞。「WoT」の方はXBOX ONE版を360版から引き続きプレイ中。未だ戦闘のセオリーを全く理解しないまま、毎回猿のように突撃してはマチルダとチャーチルの残骸を絶賛量産中。毎回紅茶もこぼしまくりの猿プレイでダー様もキレッキレですが、それなりに楽しんでおりますよ、イッツアセンシャワールド。ただ実際のトコロ、センシャブーム全盛期からはもう3周くらいしちゃっててだいぶ乗り遅れてる気もしますが、まぁ気にしない。センシャはやっぱ男の子の浪漫だしね。

そんなむせるようなセンシャムーブメントの中、ついに買っちゃったのがタミヤの1/48『シャーマンファイアフライ」。
f:id:Wacky244:20160329092651j:image
最後に作ったAFVキットが確か中学時代に作った1/35『メルカバ』だったので、実に30年ぶりのAFVキット購入。前々からヨドバシボークスに行くたびに「欲しいなぁ…」と、ショーケースの中のトランペットを見つめる黒人のガキンチョ気分でいたんですが、実際のトコロ、購入するまでには至らなかったんですよねー、毎回。理由は簡単「オマエ作れんの?」っていう内なる声。そう、誰でも簡単に作れるバンダイ驚異のメカニズム「ガンプラ」と違い、AFVモデルは割と難易度高いんすよねー。成形色は当然単色で塗装必須、組み立てには接着剤必須、あとやたらと細かいパーツ群、襲い来るヒケの恐怖、でもって面倒くさそうなキャタピラ等々…このようにガンプラレベルで浮かれポンチになってるボンクラーズをかるーくブッ飛ばす破壊力なんですわ、AFVモデルってのは。おまけに架空のロボットなんかじゃなく、AFVは実在の存在。ある程度は時代考証も考えて作らなきゃなんない。まぁガチ勢衆じゃなきゃそこまで気を遣うコトはないんでしょうが、それでもあんまりテキトーなのはヨロシクない感じなんですよね。個人的な印象ですけど。

でも、やっぱり『アーマーモデリング』誌を読んでみたり、ボークスショールームに並んでる超イカすディオラマを見てると、自分でも作ってみたくなって結局買っちゃった次第であります。はい。
ご存じの通りAFVモデルの基本スケールは1/35サイズなんですが、35サイズだとちょっと大きめでお値段もお高め。なので今回は1/48に。48サイズはちっちゃくてカワイイしマニーも2000ゴールドあればお釣りがくる良心価格。奥様方もニッコリの素敵シリーズ。ラインナップはさすがに35サイズに劣りますが、それでも有名どころは一通り網羅されているみたいなので多い日も安心。だいたいウチのセンシャ知識は「シャーマン」「タイガー」「マゼラアタック」ぐらいなモノなので、そんなにマニアックなセンシャは必要ないですしおすし。実際、今回買ったシャーマンファイアフライも何なのか全くわかってません。「砲身が長いので多分強い系シャーマンじゃねーの?」くらいの小学生ノリで決定。マニュアルの説明文を読むまでイギリス戦車ってコトも知らなかったぐらい。ホントは超カッチョイイKV-2が欲しかったんですけど売り切れだったんですよ、ギガントちゃん。ああ愛しのギガントちゃん…

てな具合で本命ギガントちゃんの代わりに買っちゃった1/48シャーマンファイアフライ。 
ホントにひっさびさのAFVモデルなので、色々とオベンキョしてからじっくり作っていくつもりです。さすがにガンプラみたいに「パチ組み」ってワケにはいかないですからねー。でもちょっと楽しみですわ。ウヒヒ。