3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない1000文字系短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

オッサンゲーム日記-20160319『Miitomo』

一昨日から始めた『Miitomo』ですが、Twitterとの連携機能のおかげでTwitter民とフレになることが出来て、フレ数が40人強になりました。
f:id:Wacky244:20160318195845j:image
(喜びの図)

このゲームには「人気ランク」と「オシャレランク」という二つのランクがあって、人気ランクの方はフレから自分のアンサーにスターやコメを貰うと上がるようなので、フレが増えるのはありがたいコトですな。でもあんまり増えるのもメンドクサイので、ウチにはこれくらいの人数が丁度いい感じです。そんなに絡みのないヒトばっか増えても煩わしいですしおすし。

で、ふと思ったんですけどこの『Miitomo』、SNS要素満載のアプリゲーなんですがちょっと変わってるんですよね。それはフレンドの登録方法。
一般のSNSツールってのは、知らないヒトでも割と気軽に繋がるコト出来ますよね? TwitterFacebookなんかは当然として、その他LINEやアプリゲー系でもIDやらなんやで知らない相手ともバンバン繋がれる。
でもこの『Miitomo』はそれが出来ないようになってるんですよ。フレ登録するには、リアルで対面登録するか、TwitterFacebookと連携してフォロワーさんを登録するだけ。この手のSNS系ではよくあるIDみたいなモノで登録って出来ないんですわ。

フレを増やすコトで面白さが広がっていくこの手のSNS系ゲームではちょっと異質な感じなんですけど、考えたらこのゲーム、全く知らない相手とフレになっても面白くも何とも無いんですよね。だって全然知らない相手が「実は僕の初恋は…」とか言ってきても、そんなのどうでもいいもん。いやマジで。

そりゃ世の中には全く知らない女性キャラにいきなり「おい、パンツの色!!」とか言って興奮するヘンタイもいますし、そういった出会い目的のヘンタイ勢をシャタウトするっていう目的が一番なのかも知れません。実際ニンテンドーも過去に出会い系案件でヤケドしてますし。でも同時にこのゲームの本質にもとてもマッチしてるんですよね、このフレ登録方法の制限の仕方は。
さっきも書いたように、このゲームはすでにある程度「人となり」を知ってる相手じゃないとあんまり面白くないんですわ。「ああ、あの人はそうだったんだ!!」ってワカルところが肝なんですよね。だからこそフレをリアルやSNSで付き合いのある相手だけに限定っては「アリ」なんじゃないかなー?っと。
フレさんのアンサーを見ていても、マジメなアンサー、ネタに走ったアンサーと色々。でも元々相手を知ってるから、そういうのも「ああ、やっぱりねー」や「以外だなぁ」って楽しめる。

SNSの要素である「人間関係を広げる」って要素をバッサリオミットして、「人間関係を深める」ってトコに重点を置いたこの『Miitomo』、なかなか興味深いなぁって愚考する次第でありました。以上。
f:id:Wacky244:20160319093043j:image
(人間関係を深めるハゲの図)