読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3104丁目のオタク小屋

ゲーム。プラモ。アニメ。マンガ。たまにその他。役に立たない短文駄文ですヨ。この世を燃やしたって一番ダメな駄文は残るですヨ!!

新日どうなるの?マン。

もう1か月前の話になりますけど、ついに退団しちゃいましたねー。中邑真輔

コレから新日の大阪大会に真輔Tシャツを着て行っていいのか? が個人的には悩ましいトコロですが、そんなショーモナイことは置いといて、棚橋、オカダと並んでバリバリの新日トップ勢、新日エース3本柱の一角が遂にいなくなっちゃいましたね。まぁ移籍先のWWEはプロレス業界では世界最大手。いってみりゃ野球のメジャーみたいなモンなので、年齢的にも全盛期を過ぎつつある真輔が、このギリギリのタイミングで「世界最高峰への挑戦を逃したくない」って気持ちもワカルような気もします。なんにせよ頑張って欲しいものです。はい。 

でもって気になるのが真輔退団後の新日ですねー。
真輔だけでなく、外敵ポジションの「バレットクラブ」のトップ、AJも退団。ついでにカール・アンダーソン、ドク・ギャローズも退団。コチラもWWEに移籍の模様。アンダーソンとギャローズも抜けるのはキツいけど、なによりAJの退団は痛いですな。さっきの3人にAJを加えた4人が、実質新日のトップ4人でしたので。実際IWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタルのベルトはこの4人で回してたようなものですしおすし。

更にDDTと新日にダブル所属していた飯伏まで、飯伏プロレス研究所なるアヤシゲな団体を立ち上げっちゃって退団。、さらにトップ戦線の層が薄くなっちゃってツラい。
こうなるとマッチメイクの楽しみってのが減っちゃうので、残りの選手に頑張って欲しいトコロなんですが、今の新日勢でトップ戦線に絡みそうなトコロと言えば、内藤、後藤、柴田ってトコなんですが、今のままでは「うーん…」って感じですね。個人的には。

プロレスってのはご存じの通り、まぁ「エンターテイメント」って面もあるので、純粋な強さだけじゃなくて「華」や「説得力」みたいなモンが必要なんですよね、トップになるには。そういう面で見ると、内藤は以前はベビーフェイスで売ってた選手だったんですが、棚橋とキャラが被ってるトコがあったんですよね。だから最近のヒールターンに関しては面白いと思うんですが、単純にヘイトを集めるだけじゃイマイチ、やっぱヒールターンして何かが変わったってトコが要ると思うんですよね、「冷酷な強さ」だとか。
例えば飯伏なんかは3年前かな? 夏のG1大阪大会で真輔とやった時に、初めてキレて変身したんですよね、誰も見たことがなかった「キラー飯伏」に。ソレが演出だったのかどうかはどうでもよくて、アレを見たファンはその瞬間そういうコトを忘れてキラー飯伏に熱狂したワケなんですよ。そこに「ファンタジー」が起こったんですよね。トップレスラーってのはそういう「ファンタジー」を魅せる必要があるんですよ。ウチみたいにマッチメイクから今後のストーリーラインの展開を予想するようなスレたファンでも、そんな邪念を忘れて目の前の試合に熱中しちゃうようなファンタジーを起こせるレスラー。そういうレスラーこそがトップになれるワケなんですね。まぁ個人的に思ってるだけですが。
そういう意味では内藤はまだちょっとキツいなぁって気がしますなぁ。ヒールターンは大成功だと思いますが、まだヒールターンで新しい強さみたいなモノは見えてこないですし。

同じく後藤も「なんだかなぁ…」って感じですな。決して弱くはないと思うんですが、トップ相手には「善戦して結局負ける」ってイメージが定着してる感じ。こないだのIWGPヘビーのオカダ戦も因縁煽って「コレが最後」ばりに、白装束に耳なし芳一ペイントで勝負に臨んでお約束の完敗。キモチイイくらい完敗。ここまで負けイメージがつくと、何か確変起こさない限り説得力が出ない気が…でも、以前イメチェンでメキシコ行って帰ってきてソッコー駄目になったしなぁ…うーん。

その後藤の同級生でもある柴田には、個人的には期待しているんですが、やっぱ柴田もトップ相手には「善戦して負ける」ってイメージですなぁ。キャラとしては新日伝統の黒パンに猪木を彷彿とさせるストロングスタイルで、他とは被っていない良いポジションだと思うんですが、イマイチ抜けきらないですなぁ。試合で猪木の得意技だったコブラ卍固めを使ってみたりと、オールド新日ストロングスタイルって方向で推していってるんだろうけど、やっぱ「圧倒的な強さ」みたいなモノが足りない感じなんですよねぇ。ウチの推しメンだし頑張って欲しいんですけどねぇ。

内藤、後藤、柴田以外の選手だと、真壁、石井や永田、小島あたりがイイんですが、トップというよりトップ下ってポジですし。今の新日は選手層が厚くて人気もスゴイんですが、真輔、AJ、飯伏というバリバリのトップが抜けた今年は、ちょっと正念場だと思いますねー。でも逆に言えば、トップが抜けたからこそ新しい展開になるとも言えますし、今年の新日は先が読めない分楽しみも大きいとも言えますね。これから誰が新しいトップ戦線に絡んでくるのか? 今から楽しみにしていますわ。ホント。